プロフィール

風の住処

Author:風の住処
□■ 風のすみかへようこそ。

□■ 日々のたわいもないスナップ写真と、ときどき自転車のブログです。
 
□■ リンクフリーです。連絡不要です、ご自由にどうぞ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

風 の 住処

日々のたわいもないスナップ写真と、ときどき自転車のブログです。

continues

DSCF2111r.jpg


梅雨も明けたし自転車通勤再開しますかね、、、近いケド (●´艸`)

White line

White line


よく晴れた日曜日、絶好のサイクリング日和ですが、午前中家の片付けを少々。

午後から山でも行こうかと思いましたが、たまにゃぁ~父親らしいこともしないと。。。


と言うことで、8歳児にサッカーと自転車どっちがいいと尋ねると、自転車とのことで・・・筑後川のサイクリングロードへ。

家から2kmほどでサイクリングロードの始点には着くのですが、子供にも走りやすい場所と言う事で車載にて少し離れた大城橋へ。

橋げたの下の駐車場に車を停めて、わたしはミニベロで子供と2人トロトロと自転車散歩。


途中、片の瀬橋で休憩し7.6km先の両筑橋で折り返し、帰りの片の瀬橋よこ公園の遊具で遊んだりしながら

15kmちょっとを2時間かけて青空の下のんびりのんびり・・・リフレッシュしてきました (●´艸`)







ぽっかぽか


それから、車を停めていた大城橋からすぐ側の「ぽっかぽかの湯北野温泉」の露天風呂に2人浸かって帰りました。



本日のルート

energy saving

最近「もうカンベンしてください」と言いたくなるくらいガソリンの高値が続いていますね(汗

それに付随していろんなものも価格上昇傾向にあるみたいですが・・・。





なもんで最近は初号機のミニベロにて通勤ちう(晴れの日限定)


グレイシア


通勤距離1kmも無いのでナンですが (A;´・ω・)フキフキ

濃い週末①

先週末の記事。

わが家の7歳児との夏休みの約束ごと「二人で自転車で遠出する」「二人でプールに行く」の二つがお盆あたりから空模様がイマイチで消化しきれずに残っていましたので夏休み最終週末早朝から消化作業。

先ずは、朝めし持ってサイクリングロードを20km走。
しゅっぱ~つ


休憩中


片ノ瀬橋


橋の下


朝食


復路


到着

中千出公園下の河川敷から7時半スタートで筑後川サイクリングロード上流方向の片ノ瀬橋へ。
往路はAv10kmくらいでちょうど一時間で到着、ココでコンビニで買った朝ごはんを食べ 休憩し折り返します。
復路はAv15kmにスピードアップして、スタート地点に9時半に戻ってきました。

そういえば、7歳児初めての長距離でしたので、夜 尻が痛いと妻に訴えたらしい(笑




サイクリングから帰宅後、プールは近くの市民プールへ。
プールなう


市民プール


わたしは肌が弱いので2時間ほどで一杯引っ掛けたオヤジのように、頭(頭頂部が・・・最近さえぎるものがないんだよねぇ~:爆)、顔、首、肩、胸、背中が真っ赤っ赤です。

7歳児は流水プールとスライダーを思い切り楽しんでおりました。



そして夜はピングイーノの飲み会だぁ~

つづく

宿題

夏休みももうすぐ終わりですね。
夏休みと言えば宿題ですが、子供の頃夏休み最後の週末はブルーな気持ちの真っ只中だったなぁ・・・・・宿題終わってなくて(爆
この期間のサザエさんネタは毎年同じで、カツオ君が宿題を終えてなくてあせる、波平・マスオ→手伝うパターン。
思えば、子供時分カツオ君に共感を覚えていたなぁ~・・・・・う~ん何故か毎年! (●´艸`)



今年の夏休みの行事?(父親としての夏休みの宿題)ですが、今年は長女が受験なので海水浴などは行かず、家でBBQしたり、ちょこっと花火したりで自粛気味になっておりますが、7歳児との約束ごとで「二人で自転車で遠出する」「二人でプールに行く」の二つが消化しきれずに残っています。

あれから数十年、宿題を消化しきれずに気がつけば最終週(汗
40も半ばにもなって、小学校時分と同じようなことやっているなぁ。。。

と言うわけで、一気にというか・・・近場で消化作業です(笑

7歳児を早朝たたき起こし、子供の自転車とミニベロを車載し中千出公園下の河川敷に車を止め、7時半から筑後川サイクリングロードを10km先の片ノ瀬橋まで、橋の下で朝飯喰ってそのまま折り返し10時に帰ってきて、ドロドロになった自転車を洗って地元の市民プールへ11時に行き、13時まで流れるプールで身を任せていました。

胸・肩・背中がヒリヒリしています。

で、夜は自転車チームピングイーノ&親しいお友達の暑気払い(飲み会)が福岡市でありますのでこれから電車で向かいます。
う~んたのしみィィ

よーし、気合入れて飲むどぉ~(記憶がなくならん程度に)

二人旅~
写真:初めての親子プチ二人旅

気分転換

使用前

最近ご無沙汰のミニベロですが、色合いがイマイチしっくりこないのでプチイメチェンです (●´艸`)
  
バーテープもちょうど汚れてたし。


使用後

バーテープ、ブレーキとシフトのアウター、サドルを赤色に。
今回横着してインナー使い回しのため、先がバレてよく見ると(写真では判りませんが)少し見た目汚くなっちゃった。


少し引き締まった感じがします(自己満足)

引き締まったので、たぶん3kmは早くなっていると思います(嘘

春よこい

~筑後川~奥は九州新幹線がまもなく開通する鉄橋



住んでる町を10kmほどのんびりポタリング。


ミニベロは本来こういう使い方。


150kmなんて走ってはいけないのです。


しかし、気持ちイイ天候


春近しです。





k-7 FA43mmF1.9 Limited

Night Rider



DSCF8633-1.jpg




DSCF8638-1.jpg




DSCF8637-1.jpg


ナイトランの準備

いままでライトはキャットアイでしたが、照明的には少し暗いのです。(自己アピールは点滅とかあり十分です)
少し夜も安全に走りたいので、ブルベ参加の方のおすすめ品ジェントスのセンを購入、ウリは100ルーメンで実用点灯10時間だそうです。

そもそもルーメンって何って感じで、よ~わからんとです(A;´・ω・)フキフキ・・・・・ラーメンは好きだけど (●´艸`)
比較するとさすがに明るい(写真2枚目、右キャットアイ、左セン) ほほ~ぉぉ、コレが100らーめんルーメンなのですね。



あと写真3枚目のANTAREX(アンタレックス)のライトも購入、これはハンドルバーやシートポストに付けたりして自己アピールに!
ヘルメットにも付けれそうです。レンズを押すと点滅→点灯→消灯になります。
カラーはホワイト・グリーン・ピンク・ブラック・ブルー・レッドとありましたがアマゾンではブラックがほかの色に比べ500円近く安かったのでブラックをポチっとなしました。



自分の命は自分で守ります。



火の国

到着



熊本城



頬当御門(ほほあてごもん)

せっかく大阪城へ行ったので、家臣の加藤清正公(肥後国熊本藩初代藩主)が築いた日本の名城の一つの熊本城へブラリ。

最初は自宅から南下し40km先の山鹿市あたりに行く予定だったので8時30分出発、途中予定を延伸し70km先の熊本城へ。
熊本城到着は12時30分、夕方5時過ぎには自宅に帰りたかったので城内を見学する余裕もなくトイレ休憩&写真数枚のみで即Uターン、途中うどん喰って5時20分ごろ帰り着きました。


大阪城は天守閣見学のみ入場料が要りますが、熊本城は写真3枚目の頬当御門(ほほあてごもん)で入場料を支払い中へ入ります。今年は加藤清正公生誕450年、没後400年との事で記念イベントも数々予定されているようです。こんどゆっくり見学せねば!


走行距離 140km
走行時間 7時間15分
Av 19km


お供の者

DSCF8522 - 1r
携帯工具やスペアチューブなどを入れる物をツール缶やツールボトルと言い、ボトルホルダーに突っ込んで携帯します。




DSCF8517 - 1r

①タイヤレバー ~タイヤを外すのに使います。
②タイヤチューブ ~パンクしたときの交換用チューブ(1回目のパンクはチューブ交換、以降パッチにてパンク修理)
③イージーパッチ ~穴の開いたチューブの補修(ゴムのり不要)パッチ
④紙やすり ~パッチを付けるまえに接着面をならすとき使います。
⑤ミッシングリング ~チェーンの脱着コマです。
⑥マルチツール ~チェーン切のついた携帯工具です。
⑦ライト 
⑧ビクトリノックス ~ナイフ、ハサミが付いたミニシリーズ
⑨ジップロック ~携帯やカメラの濡れ防止
⑩結束バンド ~長4本、短4本
⑪ティシュ
⑫インフレーター ~携帯空気入れ  ※自転車を離れない近場ポタなど自転車に直接つけている時もあります。

①~⑫を右の白いツール缶(容量700ml)に入れています。
いろんな方のを参考に今はコレで十分かな(スゴイ方は絆創膏や鎮痛薬、布テープなども携帯)

あとは、携帯電話とコンデジと自転車用財布(おまもり&保険証)を身に着けています。

稲荷詣



祐徳稲荷神社 ~佐賀県鹿島市

続きを読む »

renewal

DSCF8465r2.jpg
筑後川昇開橋 ~現在は廃線となっていますが福岡県大川市と佐賀県佐賀市諸富町をつなぐ国鉄(佐賀線)の昇開式可動鉄道橋。

霞んで今一ですが保存修復工事も終了しキレイになっていました。


以前の記事
筑後川昇開橋 #1
筑後川昇開橋 #2

遅まきながら

先々週ココロ折れて途中棄権した宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)へ開運祈願に、ミニベロで朝8時前出発です。
霜が降りていましたので気温は0℃前後かと思われ10分も走ると手足がしびれてイタイ (_ _|||)

30kmほど行くと学問の神様で有名な太宰府天満宮がありますのでチョット寄り道します。
今頃かよ!と言われそうですが、やっと初詣 パンパン (●´艸`)


朝の9時半ごろですが、そこそこ参拝者おられました。韓国からの団体さんもいましたねぇ~
今の時期多数の参拝者で賑わいますので週末の日中は周辺道路は大渋滞します。

DSCF8382r.jpg DSCF8383r.jpg
暖房の効いた無料休憩所で羊羹(持参)をほおばりながら、お茶をすすり(自販機)、暖をとりながらしばし休憩 ~ココは天国。
まったりし過ぎて、寒いし、初詣も済んだし、このままUターンして帰っちゃおうかなぁ~と思いましたが、気合を入れなおしてココからさらに30数km先の宮地嶽神社へ。




DSCF8397-1r.jpg
ちょうどお昼ごろ宮地嶽神社へ到着。
参道石段横にママチャリ軍団の中に埋もれて自転車を止めさせて頂き、石段を登り参拝。


DSCF8390r.jpg
大注連縄(おおしめなわ)で有名です。

DSCF8391r.jpg DSCF8392r.jpg


DSCF8393r.jpg
海までまっすぐのびる参道  いいねェ~。

DSCF8398r.jpg DSCF8396r.jpg
石段を降りてすぐのコチラのお店で焼きたての「松ヶ枝餅」を。
太宰府天満宮で有名な「梅ヶ枝餅」といっしょですね。 普通においしかったです。

さぁ何かメシ喰って帰ろうかと思いましたが、せっかくなら三社参りをと思いもう10数km先の宗像大社まで足を伸ばします。




DSCF8408r.jpg DSCF8409r.jpg
13時すぎ到着 (_ _|||) 端っこのほうに停めさせて頂いて参拝。

DSCF8407r.jpg
とりあえず三社参り終了。
途中うどん喰って、夕方17時45分ごろ帰り着きました。

骨折以来、味気の無いサイクリングロードはかりでしたが、三ヶ月ぶりのロングライドでした。
疲れましたが気持ちよかった。ココまで有酸素運動が長時間できる自転車は ~やはりイイ、ジョグなんて1時間ぐらいしかわたしは出来ないですから。
ちなみにサイクルコンピューターの参考運動消費カロリーは1836㌔calでした。


距離150km
Av18.3km
走行時間8時間13分

ルート



初ライド

今年初乗り。
久々の晴天のようなので、60kmほど先の宮地嶽(みやじだけ)神社に開運祈願に向かうも・・・。

続きを読む »

プチチューン #4

自転車ネタですので面白くないと思います。


続きを読む »

color

DSCF8150r2.jpg
自転車冬用ジャケットとグローブです。
ユニクロのヒートテック肌着の上に同じくユニクロフリース、その上に自転車用ウインドブレーカーに限界を感じ購入。

おっさんなのでジャケットは地味な黒色と思ったのですが、へルメット、レーパン(エガちゃんが穿いているタイツみたいなもの)、自転車シューズも黒なので全身黒一色になります。



奥さまに相談したところ 『車に轢かれたくなければ、赤!』


鶴の一声にて色即決です、ハイ <(_ _)>




DSCF8152r.jpg
足元はモンベルのシューズカバーで防寒です。


衝撃

自転車のヘルメットですが、2ヶ月前転倒骨折した際に側頭部分をおもいっきりアルファトに打ち付けたんですよね。
ヘルメットは一度衝撃を受けると使い物にならないので買わなきゃいけないのですが、高いのですよ・・・コレが(汗
まぁ、今まで使っていたのはお安くて7千円程度なのですが、ちょっとカッコイイ~と思うやつは平気で2~3万円したりします(滝汗
どうしようかなぁ~と思っていたところ、先々週に超~激安衝撃品をコストコで発見!


DSCF8098r.jpg




DSCF8156r.jpg
まあ装着感はお世辞にもイイとはいえませんが、半日程度なら我慢できる範囲、ただでさえ賢くない頭がこれ以上悪くなっても困るので、とりあえずコレでしのぎます。



SPD PEDAL


写真は、先日交換したペダル、シマノPD-A530です。

サイクリングシューズだけではなくスニーカーでも乗れるように、片面は普通のペダル(フラットペダル)、もう片面はビンディングの着いたSPDペダルになっています。




経過報告~骨折2ヶ月目


骨折から早いもので、今日で丸2ヶ月が過ぎました。おかげさまで順調?に回復中です。

肋骨の3ヶ所は長時間のうつ伏せは出来ませんが、普通にしていれば何ら違和感ありません。
鎖骨のほうは1週間前に鎖骨固定バンド解除になりました。ただまだ完璧にはつながってなく肩全体に違和感MAXです。(自転車に乗る時は鎖骨バンドして乗っています)

完璧に繋がるのは半年ぐらいかかるのかなぁ~、年だし(_ _|||)


プチチューン #3

またまた自転車ネタです。 <(_ _)> サドル、ペダル+トゥクリップ、TOPEAKのホルダー、インフレーター以外は購入したままの姿。



前回のつづき
DSCF8059r.jpg
長く感じていた標準の可変ステムを60mmのステムに交換、トップキャップもブラックへ。




DSCF8068r.jpg
ミノウラのボトルゲージホルダーでボトルゲージを2段に。




DSCF8064r.jpg
安っぽいサイドスタンドを外して、センタースタンドへ。



DSCF8069r.jpg
バーテープを黒からシルバの黄色へ変更と、ゼファールSPYミラー。




DSCF8063r.jpg
とりあえず第一弾はこんなになってます (●´艸`)







第2弾は製造メーカー不明のボトムブランケットとペダルをspdへ交換を企んでおります。

プチチューン #2

DSCF8027r2.jpg
乗れない時にはプチチューン ② (●´艸`)

また自転車ネタです。 <(_ _)>



前回のつづき
DSCF7961r2.jpg DSCF7966r2.jpg
若干歪みのある標準スプロケットをシマノの8速スプロケに取替え。9速用と迷ったけれど交換箇所が増えるので今回は8速のままで、チェーンは9速用の105タイプへ・・・間違って2コマ余分に切っちゃったのはナイショ (A;´・ω・)フキフキ




DSCF8024r2.jpg DSCF8031r2.jpg
何の変哲も無い銀色のスキュアーとシートポストは黒色のパーツに変更。 引き締まりました (●´艸`)





DSCF7964r2.jpg
フレームとハンドルをつなぐステムですが標準のだと少し遠くに感じていたので6mmの短いタイプへ交換。
ココでまた失敗、アヘッド径1インチなのにオーバーサイズの1-1/8インチでステムを注文してしまった Σ( ̄ロ ̄lll)
フレームの方の接続箇所がブカブカです

シムというパーツを使えば1インチをオーバーサイズにできるようなので近くの自転車屋さんへ。


在庫切れのため取り寄せです。(_ _|||)






『革命篇』へつづく (嘘 





プチチューン #1

乗れない時にはプチチューン (●´艸`)

自転車に興味の無い方は、全く持って面白くない記事ですのでスルーしてください <(_ _)>



わたしのミニベロですが、定価6万円ほどの自転車(実際はネットで半値程度で購入)です。
ママチャリよりは遥かに高い代物ですが、趣味的自転車の部類では底々辺ランクの価格です。
ゆえに使用されているパーツも???物が多く、近隣なら問題ない程度ですが遠出だと不安もあるので最低限のぱーつに交換します。

DSCF7968r2.jpg DSCF7970r2.jpg
先ずは低グリップのケンダの標準タイヤから、シュワルベのデュラノに変更。サイズも幅1.25から1.10になり写真では判りにくいですが細身になり転がりがよさそう (●´艸`)



DSCF7981r2.jpg DSCF7967r2.jpg
次に標準で付いている巷で止まらないと評判のTEKTROR365のブレーキ。本当にコレがぬる~っとしか効かないのでアーチごとシマノへ変更したかったのですが、このミニベロに合うサイズが無い事が判明 (_ _|||)

シマノロングアーチのBR-R650を同じ自転車で流用しておられる方をNETで見つけてお尋ねしたら、アーチの長さが足りないのでBOMAオフセットブレーキシューケースをつけておられるとの事、自転車の個体によっては削りが必要かもとのご丁寧な教えをいただきました。う~ん今回はとりあえずシューのみ105シューへ交換します。

シュー交換ついでに、ブレーキケーブルとシフトケーブルも交換。シフトケーブルですが何度調整しても今一だったリアディレイラーが順調になった(笑




DSCF8029r2.jpg DSCF8030r2.jpg
ケーブル交換ついでにアウターケーブルも黒色→黄色へイメチェン (●´艸`)



『野望篇』へつづく (嘘  




小休止

DSCF7787-1r.jpg

おしらせです

ちょっとミスしましてコケました(笑

鎖骨と第五・第六肋骨は胸側、第七肋骨は背中側ポッキリいきました。


『 いやぁ~ 地球は固かった 』 ~合計4ポッキリです。




え~そんなわけで、しばらく更新を小休止いたします <(_ _)>

でも暇なので更新するかも(爆



FUJIFILM F200EXR

ルートラボ



簡単に高低差や距離を確認しながらルートを作るものないかなぁ~と探していたらありました。

パッパラパッパパラパッパッパーン 
『 ル ー ト ラ ボ 』( ドラえもん風に読んでください <(_ _)> )

ログインにヤフーのIDが必要なだけで、簡単にすぐできブログ上にも公開できます。
便利な世の中です

走行コースです

走行距離 137km
所要時間 6時間50分(走行時間+信号待ち+休憩 AM6:30~PM1:20)
走行時間 5時間55分 
平均速度 23.2km



FUJIFILM F200EXR

玄界灘


夏の喧騒なつかしく、誰もいない秋の海




なーんて、反対側はサファーの方たちが秋の海を満喫しておられます。



FUJIFILM F200EXR

境目

DSCF7687r.jpg


九州以外で生活していた時分に車で帰省する時、山口県(本州側)から関門海峡を渡り九州に入った瞬間に故郷に帰ってきた~と感じていた・・・そこから実家までは、まだ百何十キロも先なのにね(笑

新幹線でもそう、関門トンネルを通過し景色が明るくなると同じ思いをしていた。


逆に、関門橋やトンネルで九州を一歩でも出て本州側に渡った瞬間に少し物悲しさを覚えた。

・・・九州という海を隔てた島国の感覚なのか




FUJIFILM F200EXR

No Plan




IMGP2258r.jpg


IMGP2259r.jpg


IMGP2266r.jpg


IMGP2262r.jpg


IMGP2268r.jpg


IMGP2272r.jpg


IMGP2276r.jpg~ Oさんの別荘に泊まった翌朝9月19日(日)午前中の記事 ~

標高約900mの飯田高原(大分県玖珠郡九重町)から九重夢大吊橋~断崖絶壁の九酔渓を通り、写真も撮りながら15kmの道のりを時速30kmの30分でくだり麓の国道210号線へ出て、九重町役場から今度は四季彩ロードを飯田高原へ向けて登ります。

下っている途中・・・いや後半、ミニベロだと帰りはチョットやばいかもと頭を過ぎる ~遅すぎ(笑
『山を15km下ったと言う事は、別の道とはいえ今度は15km登らなければならない・・・ヨネ 』~小学生でも解ることです。

登れるのか・・・いや、どうしても登らなければ・・・だって車は標高900mに置いているのだもの(爆


案の定、帰りは悶絶しそうになりながら、坂・・・坂・・・坂。

10km登ったあたりのお馬さん(町田バーネット牧場)に癒されてやっとパチリ、それまで登りではカメラ出す気力もなし。
癒されたのもつかの間また長い勾配が続き、結局帰りは情けなく2時間半かかりました~時速6km・・・トホホ








この記事の後、帰宅途中車で走った長者原付近のやまなみハイウェイ↓ 
IMGP2283r.jpg

大分県九重町



FUJIFILM F200EXR

ミニVELO


土日、車に自転車のせて出かけてきました。

タイヤのサイズが20インチで通称ミニベロと呼ばれる小型タイプの自転車です。

悲しいかなMINIには前・後輪外してギリギリ(汗




FUJIFILM F200EXR

夕暮れの風


昼間の日差しも柔らかくなり、この時間帯の風も少しひんやり感じる今日この頃。




FUJIFILM F200EXR

rainbow

あっ、虹!
・・・わかりにくいけど




FUJIFILM F200EXR
HOMENEXT →
広告:まとめ