プロフィール

風の住処

Author:風の住処
□■ 風のすみかへようこそ。

□■ 日々のたわいもないスナップ写真と、ときどき自転車のブログです。
 
□■ リンクフリーです。連絡不要です、ご自由にどうぞ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

風 の 住処

日々のたわいもないスナップ写真と、ときどき自転車のブログです。

photographic album

19399662_1396658447085059_8150966405409267486_n (4)_1

熊本のTeam Bigbang さんの写真にたまたま写り込んでいたので了解いただいて戴いた写真(多少トリミング)

たぶん試走の時だったかと思うが、スプリントを練習がてら7~8割で掛けている時だったと思う



自分はカラダ小さく軽量級なので・・・

絶対的なパワーが無いのを空気抵抗を少しでも良くするように

スプリントは頭を極力下げ肘は90度以上曲げてコンパクトにまとまるフォームを気にかけています


ただ客観的にフォームを見れる機会もそうそうないのでこのような写真はとてもありがたいです

前がクリアーだったので目線下げていますが、いつもは顎をもう少し上げているかな?









それから以前から熊本の自転車仲間のヤリイさんと夏子さんにも写真と撮っていただきました ↓

35406457261_9493e6cf54_or.jpg




35368623342_dbc679b08b_or.jpg




35368402262_35cc3b1113_or.jpg

ありがとうございます <(_ _)>



HSR第2戦 エキスパート

2月のきらら浜から始まって6月は最終週

今季6戦目レースは熊本HSR九州第2戦でした





19420908_1221075958020395_3296426916076373517_n (5)r

個人的に前半戦の最後レースでしたが、結果何とも情けない20位でした






1276r.jpg





1275r.jpg





1272r.jpg






今日はレース序盤から前目前目で展開して・・・

中盤そして後半にかけて自分的にはいい感触でしたが

最後の最後で位置取りが後手後手になってしまって・・・結果埋もれて終了 ち~ん!


何だかなー阿藤海(汗

今季一番情けなく、ダメな展開でした







キモチ切り替えて、越智さんの助言を次に生かせるように・・・また練習頑張ります!







DSC_0446r.jpg

グウカワ1位、越智隊長4位!


当ブログ管理者・・・今日も安定の手ぶらでした













次男坊くんへ

今日の反省も含めて・・・

来週末にある君の結婚式は後悔無いように、序盤から最後までフルモガキで頑張ります!

新郎新婦入場です!の時から、会場に、番○やら、ぐち○ん やら、蝶ネクタイに全裸なオッサンが数名いるかもです(謎

現場ザワザワかもしれんけど、たぶんビデオだと上手くモザイクはかかっていると思うので大丈夫かな(違


番長100%に乞うご期待!

来週が楽しみです! ←



amazing

日本で年に1回の大会 「全日本自転車選手権」 が青森で今日から開催されました

今現在、日本で一番強いヤツを決める大会です

初日は各カテゴリーの個人タイムトライアル








6645_.jpg




我らが・・・カトウ タツヤ 10位です!(爆





そうそうたるトップ・プロチームに混じり

九州は片田舎な実業団チーム・・・PARABOLA イワイ シーガル

何?ドコのチーム

てかカトウって誰やねん?

現地ザワザワな感じかと・・・思います(汗

いつも ひょうひょうとしていて、普段から無口で強さをひけらかさない男ですが・・・やるときはやる男です






と、とりあえず帰ってきたら、しょうがないんでサインもらってあげようかな・・・ ← イマココ

日曜はロードレース、厳しいだろうけどコチラもがんばってもらいたいな

タツヤ がんばれ!




全日本

今年も全日本自転車選手権大会の季節がきました →全日本自転車選手権大会HP

2017年の開催地は青森県階上町 ←かなり遠いらしい

大会HPでは出場選手リストが公開されていました 








6157r.jpg


リスト1枚目 Roppongi ○xpress の上に・・・







こう言うの見るとカトウくんの凄さを実感するね・・・たまに忘れるケド ←

カトウくんココ数年はTT(個人タイムトライアル)のみでした

今年は2014年岩手大会以来のロードレースも参戦とのコトです

なのでTTバイクは事前に送って、ロードバイクは輪行していくと・・・青森まで

直行便は無く、なおかつ青森空港からレース会場も遠いらしい(汗)

ピーチで行くと言っていたケド、福岡-大阪、大阪-仙台、仙台から車で青森?って言っていたような・・・違った?





個人TTでは・・・

2015栃木大会17位

2016大島大会18位

20位までが翌年の全日本出場資格を貰えますので、今年も期待しています




TTは金曜日 11時~ 39.0 km (13.0 km× 3 周)

ロードは日曜日 8時~ 210.0 km (14.0 km×15 周)

ロードレースの補給員はどうするの?と聞いたら誰か知り合いに頼みますと言っていた

近くなら行きたいけど・・・青森は遠いなぁ(汗




アンダーに群馬グリフィンのムラタくん、パラにアイゾノくんの名前もあった

みんな頑張ってもらいたいですね

当日は九州から念を送りますバイ! ←




旅回想録

少しばかり・・・楽しかった思い出を




photo by:ゾノタケさん

フェリーにて・・・おねぇポーズが最近流行なチームパラボラです






DSC_0348r.jpg







DSC_0350r.jpg>


自然現象が公然わいせつ罪レベルだったが・・・パラボラキャップにて事なきを得る(謎)






18839182_878710258949969_2449243766020658501_nr.jpg
photo by:ゾノタケさん

受付終わって体育館横で集合写真






DSC_0354_1r.jpg


夜は・・・毎度食べきれないほどの海の幸(写真以外に雲丹めし、汁物、サザエのツボ焼き・・・などなど)

そんな中、焼きそばUFO 喰っている 魚介類苦手な 次男坊 男がいました






18881949_878710422283286_1470505849405507409_nr.jpg


レース当日の朝

左から次男坊君、当ブログ管理者、塚タク先輩、哲さん






18920272_878716878949307_5419206158675677798_nr.jpg
photo by:ゾノタケさん

ゴール前最後の登り

すぐ後ろにいたのはアキヨシさんとばかり思ったいたが・・・少し後方だった






18814129_878716928949302_4588298793082653812_nr.jpg
photo by:ゾノタケさん

頭下げてモガいている時、足元に赤いフロントフォークが見えたので同じカテのアキヨシさんと思った

かなりグイグイくるので刺されまいと思いながら必死にモガく


写真見て・・・

いつものジャージと違うのでわからなかったが、すぐ後ろにいたのは自分の目標 レジェンド福島さんだった(滝汗

そういえば福島さんとアキヨシさんは同じ自転車だったな






18951039_878717035615958_3921529903784617873_nr.jpg
photo by:ゾノタケさん

福島さんとカテゴリー違うので順位は関係ないけど・・・最後刺されなくてよかった(汗






18920566_878723012282027_360078479936215145_nr.jpg
photo by:ゾノタケさん

イワイ定宿の勝丸荘

参加者全員、事故ケガ無くみんな笑顔で宿を後にしました ←コレ大事

今年も楽しかった壱岐のレースでした

ご一緒したみなさんお疲れさまでした <(_ _)>




2017 壱岐サイクルフェスティバル

今期レース5戦目、長崎は壱岐へ

カテゴリーは エキスパート30km U59

登坂力無いので台は無理にしてもギリ入賞6位にはと密かに思っていましたが

結果は中途半端な感じの 8位でフィニッシュ


1~3位は抜けていたのでしょうがないとして、6位入賞の方とタイム差14秒

コレが現実、練習が足りないというコトなのでしょう

5位のサイクルプラスのサカモトさんとは26秒・・・orz まだまだです







レースは判断力が各所で中途半端だった・・・

スタート後、すぐに集団前方に上がる

集団前方10秒差くらい前に4名ほどのパックが・・・

50km組かなと思うも、この位置での50km組にしては巡航スピードがえらく速い

見回すとスタート位置では前に並んでいたイマイズミさんが居ないコトに気づく

ある程度この展開も予想はしていたが、いきなり逃げていた



トラのバイクパートをAv40㎞ほどで走られるイマイズミさんにこのカテゴリーでついていける人間は数名だろう

剛脚サカモトさんは集団内にいて追いかける気配はない

・・・さてどうする? 追いかけるべきかをココでためらう ←



同じチーム昨年のU59優勝の塚タク先輩が右から一人飛び出して行った

ココは行け!というコトだなと思いつつも・・・前がふさがっていたので反応が数秒遅れる

逃げ20秒先、塚タク先輩10秒先な感じで、前を一人追いかける

しばらく走るも差は縮まる気配がしない、集団も上がってこない宙ぶらりんな状態

塚タク先輩は逃げに乗ったようだ

情けなく集団に戻って後方で息をしばし整える・・・中途半端に脚削っただけだった



小学校から左折してアップダウンのトコロで集団前方に上がり、細いガタガタの下りは安全に前目で下る

下りきったトコでイノシシのアキヨシさんが居たので声かける・・・この後ゴールまで一緒かな?

倉元建設の登り、猿岩の登り、コンクリ坂・・・と苦手な登りは淡々とこなす

この時点で塚タク先輩とイマイズミさんらの逃げ3人→次いで集団から登りで抜け出たサカモトさんら3人→集団な感じ



コンクリ坂終わって先頭で下りはじめる

最後の長めの下り、集団を離すべくココは集中して下る

下り終わって海岸線に出た

左折、ゆるい登り基調な平坦区間に入る・・・ゴールまであと2㎞ほどだ

後振り返ると集団はいない

風もまぁまぁな向かい風、ココから一気に上げるか悩む・・・

残りの祥雲寺の坂とゴール前の坂を考え、キモチ抑え気味にL5真ん中あたりで踏む ←



しばらくして祥雲寺の登りの手前、「すみません集団連れてきちゃいました~」後方からアキヨシさんの声がする

振り返ると10人くらいだろうか?もう少し踏んどけばよかったかなと後悔する オーマイ

祥雲寺の坂を鋭角に曲がって集団内の1人が少し先行、最後もがくも捕まえきれず(タイム差は無し)



記憶曖昧な部分もあるがこんな感じだった

壱岐のレースは今年が一番時間短く感じたかな?

終始苦しかったが、集中して楽しめていたのだろうか・・・また来年も来れる様に練習頑張ろう

NP224W MAXP889W 89/141rpm 173/194bpm




DSC_0351 (2)r

敬愛する鉄人塚タク先輩は2位に25秒差つけて優勝!

ココロからリスペクト


練習は休息日なしの1日2時間ほど

タバタ大好き(2日に1回はやっている)

カトウくんとの苦しい練習がとくに大好き(笑)

回復系サプリメントも大好き

私より2歳年上なので、歳についての言い訳は出来ない・・・かな


壱岐30km U59は、二連覇

今年のツールドおきなわ市民レース100㎞ O_40 も連覇を期待








parabolaチーム関係の入賞者は以下の通り


DSC_0366 (2)r

エリート50㎞ 2位 加藤くん





DSC_0384 (2)r

エキスパート30㎞ U39 2位 ゾノくん





DSC_0391 (2)r

エキスパート30㎞ U49 優勝 キム兄、2位 テツオさん、4位 タグチさん





DSC_0397 (2)r

エキスパート30㎞ U59 優勝 塚タク先輩 





DSC_0403 (2)r

レディース30km 3位 おちゃまる


入賞したみなさんおめでとうございます!





DSC_0407 (3)r

みんなすごいよー

今回も安定の手ぶらです・・・



恒例行事

DSCF4064 (2)r

壱岐サイクルフェスティバルの参加受理証が届きました

今回で参加4回目だったかな?



今年は年齢別のカテも変わるので気合入れドコロだが・・・悲しいかな全く気合入らず

まぁ、ぼちぼちで頑張ろうかと思います

飛行機使うツールドおきなわ以外では唯一(フェリーに乗って)前泊するレースなので、大人の修学旅行を諸々楽しみたいな









DSC_0323r.jpg

DSC_0328r.jpg

月一のルーティンワーク

トリミングへ行かれたようです

毎度のことですが・・・2匹1回の値段が自分の散髪 3回以上の御代金らしい ←





とりあえず・・・お父さんはお仕事頑張ります (涙

忘備録

記憶あいまいだが・・・忘備録もろもろ



レース当日、高速乗に乗ってからしばらくして気付く

そういえばローラー台を使う時に前輪乗せる台座を積み忘れたなぁ~と・・・

それ以前に、ローラー台そのものを積み忘れていた ←



取に帰るか迷ったが、時間には余裕があったので途中の八女インターで一旦出て折り返す

再度高速に入ったところに係員に止められた対向車(逆走車)が停まっていた(滝汗

高齢の方ではなく30~40台の女性の方だったが・・・んー恐ろしい

そういう場面に遭遇するというコトは、何か注意しろよ!と言う暗示なのかもしれないので今日一日注意しようと肝に銘ず

肝心なローラー台だが、予選で心拍181rpmまで上がったので(本番194rpm)必要なかったかな・・・本番前に軽く回したけど




PARABORA イワイ シーガル からは midoさん、次男坊くん、グーカワ、と私の4名が参戦

midoさんにピットを確保してもらって8時ごろ現地へ

熊本のHSRサーキットを走るのは2年ぶりかな、ピットも新しくなっていた








18424027_866542256833436_5777693119029513439_nr.jpg
Photo by ゾノさん

受付して着替えて試走








予選がビギナークラス2組~チャンピオンクラス2組と続く

今年からカテゴリーが(名前?)少し変わって・・・

チャンピオンクラス各組上位20名はチャンピオン決勝

21位以下はエキスパート 決勝へ

ビギナークラス各組上位15名はエキスパート決勝

16位以下はビギナー 決勝へ・・・と予選結果で振り分けられる

チャンピオンは57.5km/25周、 エキスパート34.5km/15周、 ビギナー23km/10周で争う

小学生・中学生・女子クラスはそのままかな









18485706_866542510166744_5509988808680153522_nr.jpg
Photo by ゾノさん

決勝はエキスパートで走る

折角の機会なのでやはり注視するは福島選手(ピンクのジャージ)

福島選手の常に横か斜め後方に位置取る

福島選手が下ハンに握り替えるタイミングをストーカー並みに確認しつつ走る ←








18492492_1928148710732089_10854184_nr.jpg

Photo by ともちゃん

それから先週の実業団E3カテゴリーでご一緒したチームギンリンの蓑田さん(黄色いジャージ)の動きも要チェック

蓑田さんは福島さんとジャージの色は違えど師弟関係のハズなので後半リードアウトを買って出るかも?








5周目のポイント賞でサイクルプラス坂本さんの動きを見る

ココ一番の高強度と集中力はスゴい!

ただシーズン序盤なのでマダそこまで上げてきては無いのかなと思う

やはり個人的にマークは福島さんか








時折前に出る学生とファンサイクルの方、終始先頭にて引いていたCCPPの早川さんは強かったな

たぶん早川さんはスプリント勝負は避けたいのか、チャンスがあれば逃げたかったはずだ

だだ風も強く協調性のあるメンバーがいなかった・・・

逃げに強調するメンバー2~3人いれば展開は違っていたかもしれない







風も強くなって追風区間は集団が縦に伸びるも、向風区間は消耗を感じて引きたくないのか集団は横に広がる

集団大きいまま最終週へ

ラスト周か記憶曖昧だが・・・

ギンリン蓑田さんが福島さんに後ろ着いてと指で合図しているのを確認

福島さんの後ろに付こうとするも一人が間に入る




集団が活性化し出す

バックストレートで前方に接触が合って後方に余波する・・・

自分も飛びそうになったが横にいたアモーレ永友さんに当たりながら暴れる前輪をねじ伏せて何とか持ちこたえる

・・・後方で落車音が聞こえる

永友さんにゴメンと手で合図しつつ、接触で皆キモチ萎縮しているかもしれないと思いココはチャンスと上げにかかる



少し前に人数がいるものの最終コーナでイン側

左横の選手に 『インにいます!』 と声掛けつつ見失った福島さんを探す




18447223_866542633500065_6274068339728911273_nr.jpg
Photo by ゾノさん

メインストレート福島選手は前方クリアーな左の場所に抜けていた

自分は前に2名いたので右に避ける、奥つよさんゴメン~二○ 加煎餅

早掛けせずに落ち着いてスプリント

数名横並びだったが結果詰め切れず・・・orz








18492781_1928148394065454_2121312972_nr.jpg

Photo by ともちゃん



まぁ笑顔で終われたので結果良しとしときます(汗

次頑張りますです!



HSR九州サイクルロードレース 2017 第1戦

先週の山口のきらら浜に続き、今週は熊本HSRサーキットでのシリーズ戦のレースです




各カテゴリーの予選で、自分は実業団登録組なのでチャンピオンカテゴリーなのですが・・・

今年の一番のメインレースは、11月のツールドおきなわ 市民50kmをメインターゲットとしています

今までおきなわは市民100kmでしたが、今年は多少落車リスク増えますが50kmにエントリーと思っています




そのツールドおきなわの市民50km年代カテゴリー覇者

おきなわ50kmオーバー50の 2012、2014、2016優勝者の熊本のレジェンド福島さんと、

2015優勝者のサイクルプラスのサカモトさんは、同じく予選はチャンピオンクラスだったが

あえて予選落ちして一つ下のエキスパートで走られるよう・・・

なので、自分もそこのカテゴリーになる様に予選を調整して勉強させてもらう




エキスパート・レース (34km/15周)

5周目のスプリント・ポイント賞でのサカモトさんの力強い上げはしびれたな ←



ヤハリ最後に感じたのは・・・百戦錬磨の福島さんの最終位置取り

ラストの最終周後半、かなりチャガチャなりつつも最終コーナー前まで目の前に福島さんがいたケド・・・

結果は福島さん4位で自分は9位



最後に着に絡らめるのは流石ですね!

流石はレジェンドでした ←



入賞は8位までで、結果何とも中途半端な9位でしたが・・・

いい勉強させてもらいました



次は、6月頭の壱岐のレースを頑張ります!








グーカワは先週の悔しさをバネにチャンピオンクラスよく頑張りました・・・ココロからリスペクトです!おめでとう(涙目



18423797_1786927914956097_5381541903045405195_n.jpg


レースの内容はコチラに→忘備録




第6回 JBCF きらら浜クリテリウム

実業団レースに山口まで行ってきました

PARABORA イワイ シーガル からは midoさん、フカホリさん、次男坊くん、グーカワ、と私の5名がエントリー

5時30分に家を出て高速乗って、6時30分に途中の古賀SAにて合流

8時にレース会場の山口きらら博記念公園へ・・・







着いて着替えて試走する

それから代表してチームのライセンスコントロールとアテンダント受付

背中にゼッケン付けて、自転車にゼッケンプレートと計測タグ付けていたらマネージャーミーティングの時間が(汗

マネージャーミーティング(チーム代表者会議)に出て、急いで戻ってローラーでUP

10分軽く回した後1分だけ上げて、あとは5分流して終了して・・・出走サインへ

なんかバタバタだった







E3カテゴリーは出走103名

決勝は各50数名づつの2組に分かれて・・・

midoさん、次男坊くん、グーカワは1組

フカホリさん、と私は2組で出走







18268532_1300802926663684_3319080294430581756_n (2)r

1組がコースインしたあと直ぐにフカホリさんと2組の最前列を陣取り1組のレースを見る

直ぐに落車発生したがチームメイトは大丈夫みたいだった

前方で展開している人たちは皆強い

その中で次男坊くん3位、グーカワ4位と入賞







18268237_1300803086663668_188330837392614058_n (2)r

次男坊くん(左)はE2へ一発昇格 ←

おめでとう!

※ちなみに右は多少干からびたおじさん







1組目のレース終了後、2組コースイン


570 (2)r

並びは最前列ど真ん中

・・・分不相応です ←






スタートラインに立つと、いつも通り緊張はしない







きらら浜は風が強いのが有名だが、今日はホームストレートに対して横風

追風区間はホームストレートからバックストレートに続く直線のみで後は横風か向風

カラダ小さく体重軽い自分には風(とくに横風)は一番苦手なパターン






18268141_862648103889518_3415591414921792390_n (2)r

まぁ自分は入賞できるポテンシャルも無いので、ひたすらインターバルを我慢と・・・

追風区間のスピードアップに気をつけて、横風区間は他の選手の風下に必ず位置取るコトを考えながら走る

中盤かな?後方でパイロンに衝突する音に続きガシャガシャガシャーと落車音がする




残り2周くらいから集団の中はガチャガチャモードでかなりリスキーな空間になってきた

ラインが無くて交錯しそうになる人も、一杯いっぱいの人も見受けられる

時折苦しいものの、周りはよく見えている




最終周は集中力をさらに高める

上がりきれずに最終コーナー20番手あたりで抜ける

あとは早掛けに注意しつつ、150mあたりからモガいて終了

着順13位・・・結果は、まぁこんなもんかな







E3だと若い子多いな、みんな自分の子供世代だよ(笑

50歳からの実業団登録・・・

それ見たコトか!と言われるのがオチなので、落車せずに終われたコトに先ずは安堵







来週はHSR、6月は壱岐と今年前半のレースが続きます

老兵ボチボチがんばりますー







18301969_862648283889500_8624710790032880693_n (2)r

みんなお疲れさまー

次はグーカワだな♪ ガンバレ!



チーム・アテンダント講習会

日曜日

チームアテンダント講習を受けに熊本は千原台高校へ

チームでこの資格を誰か持っていないと監督会議に参加できない

参加できないとレースに出れない

補給員も出来ない

チームで1人でも資格を持っていればいいのだが、もしその人がレース会場に行けなくなるとレースに出れない・・・そうな




PARABOLA イワイ シーガルからは・・・

S澤さん、ヒラタさん、midoさん、フカホリさん、次男坊君、カトウくん、ぐーかわ、ワダくん、と私の9名参加です

車2台に分乗して現地熊本へ


受付8時で、受講開始8時30分~テスト終了時間18時まで(超涙目

途中、若干名ヨダレ垂らして船漕いでいる人がいましたが・・・

ヒラタさんが危険を察知して次男坊君のまぶたにマジックで目を書いて事無きをえました ←




DSCF2006 (2)r

久々のテスト勉強は脳ミソ沸騰しました・・・

本日受講されたみなさん、長時間お疲れさまでした<(_ _)>




2017 きらら浜サイクルミーティング

土曜日

日曜日に山口県のきらら浜サイクルミーティングに参加予定なので北野朝練には行かず

少し気温暖かくなってから始動

途中1分走3本で心拍上げて1時間ほど流す





日曜日

4時に起きて5時半出発

ロードレースには、初めて奥さまと長女が同行(謎

ちなみに奥さま達、きらら浜にいるポケ○ンGOのレアキャラ?が今回の目的らしいのは・・・後から聞く ←






5Q6A2228r.jpg
Photo by:フジタくん
朝一のマスターズに同じチームのヒラタさんと出走

背後からココロの声が聞こえたような気がしました(謎



5Q6A2232r.jpg
Photo by:フジタくん
いつもお世話になっているVC-fukuokaさんのブースの前で・・・

当日はVC-fukuokaさんが梅丹本舗の新商品を無料で参加者全員に提供されていました!ありがとうございます



5Q6A2251r.jpg
Photo by:フジタくん



5Q6A2294r.jpg
Photo by:フジタくん



走っている途中に「ブログ見てます!」と声掛けられました・・・デヘヘ

ファンサイクルの方だったでしょうか?・・・ありがとうございます<(_ _)>


クリテリュームは2年ぶりかな?

感覚がつかめず後ろの方でヒラヒラしていたら、いつの間にか終わっていた(滝汗

なんだか心拍も上がらず、脚も全く使わず終了で・・・ち~ん○!

終わって心拍はどのくらいだったのだろうかと確認するも、んーデータ無し

あれ?心拍バンド付け忘れていた模様 ←おーまい!

ま、初戦なんで・・・こんなもんかな(涙



かなり凹みつつ、昼からの2時間耐久チームへ

順番はヒラタさん発案で若者から年の順で出走

ゾノくん(20代)→ヒラタさん(40代)→私(あと数日で50代:汗)


ゾノくんからヒラタさんへ交代直前にヒラタさんのチェーン落ちが・・・それもチェーンキャッチャーの下に噛みこむ事態(涙

とりあえ自分が急遽代わりに用意して・・・「アムロ逝きまーす!」、いやいやソコは逝くのか?と自問しつつ急発進


2周目で先頭集団が後方から来たので乗車

でもショボいんで意外とツラし、40分間久々血の味がしました

16999223_949172821886891_8217137383517641228_n.jpg
Photo by:イマムラさん



16995945_949173011886872_7420530071033043104_n.jpg
Photo by:イマムラさん

VC-fukuokaのフジタくん、同じくVCの自分の子供と同年代のミヤモトくん、ミツカミくんにサポートしてもらう・・・あざーす<(_ _)>

何とか前の方の後ろのほうで付いて行く←

ただ交代前の最周回は激タレで・・・任務終えました(汗

最後ヒラタさんにガンバってもらって2時間を無事終了



実はゾノくは欠員のため1週間前に急遽(強引に)2時間エンデューロ・チームに参加してもらいました

彼を手ぶらで帰させるわけにはいかないなぁと思っていたので・・・マスターズよりかなりガンバリました←

結果なんとかエンデューロ・チーム部門で3位

とりあえず、よかったです(汗



まぁ個人的には反省点多々ありますが・・・

2017年の初レース、幸先よく終了して良かったです

次も身の丈に応じて頑張ります!





16864688_1197255137057287_2065816355069003993_n.jpgPhoto by:ヒラタさん

きらら浜は初参加でしたが、終わってみれば楽しかったです

大会運営関係者のみなさま、並びにスタッフのみなさま、参加者のみなさま・・・お疲れさまでした





ヘブン・・・へ

土曜日

HSR最終戦

応援で熊本は大津町のHSRサーキットへ 

パラボラ&朝練関係は次男坊くん、グーカワ、とらたろう、ワダくん参加






DSC_0282r.jpg

なぜかC2出場のとらたろう

優勝したが・・・あたりまえでしょう






C1はグーカワ9位、入賞までもう少し・・・来期はもっとがんばるでしょう






会場ではたくさんの方と話した

やはりレースは応援する側より、出る側の方がおもしろいな

クリテ系のレースは今年全く出場しなかったが、来年はボチボチ頑張ろうかと思う






次男坊君、ゾノさんと県道339~二重峠~ミルクロード~マゼノミステリーロードを経て小国町の木魂館へ

日曜日開催の 九州Heaven Ride 参加のためココに泊まる

今回チームで参加のナカムラさんと軍曹も宿で合流

大浴場の湯船につかってウエルカムパーティーに参加




パーティーはHeaven だった・・・




パーティーは・・・ ←



2016 okinawa report

今年もツールドおきなわに行ってきました

2016年11月13日

天気晴れ 東北東の風 朝の気温19℃ 最高気温28℃


PARABOLA・イワイ・シーガルのチームエントリーは

市民レース100Km アンダー39 フカホリさん、ゾノくん、グーカワ

市民レース100Km オーバー40 塚タク先輩、哲さん、ぐちけんさん、ぐっちさん、キム兄、当ブログ管理者

市民レース50Km アンダー29 次男坊くん

・・・の以上10名
  




4時起床、5時にホテルのレストランで朝飯

軽くご飯1杯おかず少々・・・前日同様食べ過ぎないように気を付ける

6時10分部屋を出てホテル裏手の駐車場へ



DSC_0290r.jpg
100kmコースのスタート地点まで運搬してくれる大型トラックにバイクをあずけて選手用のバスに乗り込む

ホテルから約30km先のスタート地点 奥まで皆無言のバスはゆっくり北上する







15094270_543727792491618_8876631628050525702_nr.jpg
Photo by 部長知人の鳥生さん

奥ではトラックの到着まで何時もの売店横でコルナゴ部長としばし談笑






DSC_0295 (2)r

部長に集合写真を撮ってもらった(塚タク先輩不在)







S__5308433 (2)r
Photo by:キム兄

トラック到着後、4kmほどの奥の登りを軽く1本試走


少し補給食べつつ、後方スタートなのでキム兄と場所取りに自転車並べに行く

210kmが通過後しばらくして女子国際100kmがスタートしていった


スタート地点へ移動、前方にはざっと100~120名以上は居るかな

スタート予定時間9時55分のアナウンス、その後3分ほど早まった


号砲が やんばるの森 に鳴り響き「奥の登り」(4km 5%)からツールドおきなわ100kmレースは幕を開ける

登り苦手な自分はココでいつもTOP集団から早々に千切れていた

去年落車DNFで今年は後方スタートの ぐっちさんが細かなスペースを縫いながら勢いよく上がって行く

キム兄は右側からゆっくり上がって行くのが見える・・・二人とも登りは強烈に強い


自分は少しづつ上がって行く、そこまでキツさは感じない、ただ時間は長く感じる

登りも後半、先頭集団が見える

先頭付近にいる ぐちけんさんも確認できる

集団のケツから5、60メートルくらい後方かと、ただそこからが縮まらない

登りきった時には先頭集団は下りを勢いよく加速していた

今年もダメだったかと思いながら下りに入る


下りきっての登り返し、前方の先頭集団が思いのほか近くに見える

行けるかも?と、登り返しと下り基調な緩斜面を踏み続ける

宜名真トンネル内で先頭集団になんとか追いつく・・・スタートから10km経過


ココから普久川ダムの登り口までの12kmほどの海岸線、100kmコースの数少ない平坦区間が続く

先ずは集団後方にいたキム兄に「なんとか追いつきました」と挨拶

少し前にぐっちさん、中腹に哲さん、塚タク先輩、左手前方付近に ぐちけんさんが見える

自分も含めチームパラボラ6名全員TOP集団に居る


普通なら海岸線で先頭集団に居れば4~50位以内は確実なはずだが、今年の先頭集団は思いのほか大きい

終始Av40くらいで巡航、ローテは前の方で少人数で回しているみたいだ

ぐちけんさんのトコまで上がって「すみません、また奥で千切れてました」と言葉かわす


第一の目標・・・

いつも奥の登りで千切れていた自分にとって、奥の後の海岸線を ぐちけんさんと同じ景色を味わうコト


海岸線も終盤、塚タク先輩が集団先頭の方へ左から上がって行った

海岸線から鋭角に折れて「普久川ダムの登り」(7.2km 4%)に入る、集団のスピードが加速した・・・スタートから22km地点


普久川ダムの登りはとても先頭集団についていけるレベルではない

ココで頑張りすぎると後半にくるので無理せずペースで淡々と登る

長崎のトミーさんから声をかけてもらえる(1年ぶり?)

しばらく登っていると脚の合いそうな人たちが固まってくる

その中に地元沖縄のTEAM KIDSのジャージが2名、一人はどこかで見たことある顔

直接お話ししたコトは無いが、コルナゴ部長のブログで時々見かけるキッズの大城店長だった


レース前・・・コルナゴ部長と話の中でいつも市民50kmレースに出ている大城店長が今年は100kmに出る話を聞いたところだ

大城店長、地元沖縄で自転車乗りなら知らない人はモグリだろうと思われるくらい有名人なハズだ、沿道の応援も熱い

登りは力強い走りで下りセーフティー、コースも熟知されておられるだろう

この人とペースを合わせようと思った(終盤の羽地ダムまでご一緒する)


普久川の登り越えて、「学校坂」(7.2km 3%)ただ入りの2kmは7%の斜度がある、普久川同様淡々と登る

学校坂から下り基調のアップダウンが20km程続く、先頭ひくことも多かったが踏み過ぎないように注意する


海岸線に出て5kmほどの平坦区間で、後発のアンダー39のトップグループが横を通過していく

名前を呼ばれるので見たら伸び盛りグーカワだった

フカホリさんも先頭集団内に確認できた


慶佐次の登りに給水所がある、安全にボトルを取るため手前で集団から前に出る

一番手前のボトル放置エリアに空になった自分のボトルを投げ入れる

ずらりと給水スタッフが並ぶ

「スポーツ、スポーツ」と叫んでスポーツドリンク入りのボトル(青色)をすれ違いざまに掴み取る

もらったボトルをケージに差し込み、次いで「水、水」と叫んで水のボトル(白色)を貰う

水のボトルを、頭、首、太ももに水を走りながらかけ続ける

そして空いた水ボトルを給水所最終区間のボトル放置エリアに投げ入れる

筋肉が少しリフレッシュした



75km地点の「有銘の登り」(1.7km 7%)へ

去年は攣りをダマしダマし走っていたが、有銘の登りで一気に脚が攣りブレーキ掛かかった

今年は攣りに関してはココまで全く問題なく練習&対策もバッチリだった


92km地点、ラスボス的な4kmの「羽地ダムの登り」へ

キッズの大城店長が登り上げて行くも付いてけなかった

流石に疲労が溜まってきた、数名の同ゼッケンにパスされる

ただ羽地のタイムは自己ベストより2分近くマイナスだった


羽地ダムを超えて100km地点、最終関門の「川上関門」

去年はココで赤旗降られた・・・タイムアウトだった

条件面は違うが今年は1時間ほど余裕があった


第2の目標・・・最終の「川上関門」を通過する

去年無くしたモノを一年かけて取り戻しに来た・・・そんな感じだった


「パラボラー」と叫び声が聞こえる

未確認だがVC-fukuokaのマッキーさんの声だったと思う

涙腺少し緩んだ



ゴールまで残り7km、もう厳しい登りは無い

記憶は不確かだが・・・ジャスコ坂あたりで同ゼッケン2名に追いつく

違う2色のゼッケン2名もいた

短めにローテ回して最終名護のゴールへ向かう



15027691_692828530893834_1739749496942399092_nr.jpg
Photo by:次男坊くん


15094412_692828677560486_8690776441552572966_n (2)r
Photo by:次男坊くん


15094955_692828670893820_7304256641211993671_n (2) - コピーr
Photo by:次男坊くん

残り数百メートル、同ゼッケンの人がスプリント掛ける

冷静にタイミングを見計らって、まくって小集団の先頭に出る

ゾノさんから名前を呼ばれる



14993369_1249927711749930_6683872980489850865_nr.jpg
photographer: Masaya Furukawa



少し前を走っていたサカイノさん2名もパスしてゴール

ゴール前で同ゼッケンの方4名はパスした

・・・ゴール前400mはサラ脚になった



着順70

第3の目標は・・・着順50位以内だったのでコレは達成できず



ツールドおきなわが終了

長かった夏もやっと終わった











ゴール後、「塚タク先輩優勝!」と ぐちけんさん が自分に向かって叫んだ

それも一人逃げての優勝だったらしい←バケモンな52歳だよ

参照→シクロワイアード






レース結果

市民レース100Km アンダー39 (出走306名 Did Not Finish 82名)

*19位 フカホリさん

*24位 グーカワ

158位 ゾノくん




市民レース100Km オーバー40 (出走338名 Did Not Finish 68名)

*1位 塚タク先輩←

*3位 キム兄←

11位 ぐっちさん

17位 ぐちけんさん

49位 哲さん

70位 当ブログ管理者




市民レース50Km アンダー29 (出走131名 Did Not Finish 4名)

13位 次男坊君




・・・みんな強すぎやん(笑





15094891_692828037560550_3558974461073440287_n (2)r
Photo by:次男坊くん



以上、レポ終了

文責:風の住処









15073493_692828327560521_4025489346165721475_n (2)r
Photo by:次男坊くん

またみんなで来たいね沖縄




壮士凌雲

今年の ツールドおきなわ も終了しました

非日常空間から3日ぶりに戻ってきました



市民レース 100km オーバー40

結果:70位

時間:3時間23分06秒




2014年は3時間35分40秒で49位

2015年は足きりでDNF

レース展開でも変わるので全体のタイムは一概には言えないけれど・・・

2年前より順位は20近く下がったが、全体のタイム&主要な登り全ての通過タイムはすべて自己ベストだった


走りの内容もショボいなりにも今回が今までで一番良かったと思う

レベルは低いが現状の力は全て出し切れたし満足している

練習メニューも間違いではなかったと思った

それからゴール後に刺激を受けたし、更なる高みを目指してまたイチから頑張ろうと思った




レース詳細はまた後日

さてと、とりあえず一年ぶりにラーメンでも喰おうかな・・・






2016.11.13

106.9km  UP1934m

AV31.2km NP180w TSS 238 1752kj



耳納連山ヒルクライムシリーズ 最終戦

2016耳納連山ヒルクライムシリーズ

5/29 第1戦 [パラボラ] 悪天候の為中止

7/31 第2戦 [かんかけ峠] 椿ヶ鼻HCと重なり参加者少なく鬼達の居ぬ間にコンペ部門3位

8/28 第3戦 [鷹取山] 悪天候の為中止

9/22 第4戦 [パラボラ] 天候不良が見込まれるためコース変更(自分は仕事の為欠場)

10/23 最終戦 [パラボラ] 天候不良の為コース短縮

今年は天候に恵まれず実質3戦でした



前日の予報だと雨マーク

今朝方に曇り予報に変わった

7時過ぎに家を出てUPしつつ集合場所へ

集合時間前からポツポツと降りだし、北風が強くかなり寒い



DSC_0262r.jpg





天候不順のため急遽短縮コースへ変更

パラボラの半分以下の森林公園手前までの3.8kmになった




防寒も準備不足でカラダ冷え切ってしまった

ペース配分がわからず・・・

スタートから高良大社まで半分の1.6km分岐地点で自己ベスト▲15秒

ただこの後一気に乳酸が溜まる

大社前の九十九折で30秒後発の塚タク先輩にパスされ

その後の大社で自己ベストから+18秒遅れ

大社裏で1分後発のぐちけんさんにパスされる(汗

大社裏では完璧に大タレ・・・

んーツッコミ過ぎだったな(反省


数日前、練習でパラボラまで登った時の通過タイム方が全然良かったよ(涙 ←

・・・凹むなぁ orz





終了後、次男坊君、ゾノさん、軍曹(応援)達とイワイさん側のファミレスでランチ

それから我が家に移動して12月参加ライドのミーティング?





DSC_0263r.jpg

夕方、奥さまと長女と一緒に衆議院議員補欠選挙に・・・

今日は何か不完全燃焼な一日だった

2016 英彦山サイクルトライアル大会

英彦山サイクルトライアル大会終了しました

2016年は46分07秒、クラス25位でした



2015年のタイムは50分42秒

登り苦手な自分としては50分切れれば御の字かと思っていましたが

思いのほか昨年より4分35秒短縮でショボイなりにも結果大満足で・・・小踊りちう←



今年初めから回転かトルクか?登りの走り方に悩んだ時期ありましたが

レースも普段の練習からも少し結果出てきたので、しばらくは今の走り方で行こうかと・・・








写真たくさん&応援もたくさんいただきました

ありがとうございます

いただいた写真を一部分使わせていただきます








14463899_957148414431622_1492024493_n (2)r
Photo by:キム兄

一年前の英彦山練でキム兄から(息を)吐くコトを意識してください!と言われたコト今も耳に残っていますよ






S__30646286r.jpg
Photo by:S澤さん

写真奥でカメラ構えている戦友ワッキーさんからも沢山写真いただきました






S__35659796 (2)r
Photo by:ヒラタさん

路面一杯に応援書いていただいた皆さん、ありがとうございます



写真は他にもいっぱいいただきました

写していただいた皆さん、レース中&レース後声掛けていただいた皆さん、ありがとうございました <(_ _)>



・・・みなさんに感謝





15km /UP711m

19.6km/ 64.4km 75/118ケイデンス 心肺178 /194 bpm

222W(4.2倍)

weight 52.8kg

鬼の居ぬ間に

日曜日

2016耳納ヒルクライムシリーズ第2戦「かんかけ峠」 (コース距離6.8km UP650m)に参加


10日ほど前、開催日当日は日田で椿ヶ鼻ヒルクライム、佐賀で佐賀トライアスロンがあるので、

耳納ヒルクラは参加者が塚タク先輩1名しかいません!と・・・コイデさんが申しておりました

役に立たないケド頭数要員で参加申し込み

最終的に出走者は8名になりました





7時10分に家を出る

30秒 460W

1分 326W

集合場所のJR田主丸駅界隈の清掃活動をしてスタート地点へ移動

1週間前の試走でNPが208Wだったので目標は体重の4倍(W/kg)の212Wあたりを越えるように・・・



1分間隔でスタート

出走7番目

前に midoさん、自分の後ろ 塚タク先輩 が8番目ラスト出走

midoさんは追いつけないだろうから、1分遅れの塚タク先輩に刺されない様に

と思ってはいたが後半刺される orz




midoさん1位、1秒差で塚タク先輩2位、そこから1分20秒遅れてオマケの3位でタイム31分38秒


DSC_0121r.jpg
とりあえず留守番はしておきました(謎) ※目線は皆コイデさんのカメラ目線



3年前の初かんかけ峠は34分55秒でたしかケツ2 だった

年齢も3歳成長したが、タイムも▲3分17秒分は成長していたようだ



NPは224W 4.2倍(W/kg)で、今日の目標は越えれた

ただ、おきなわの普久川の登りは自分の体重だと240W以上出さないと先頭集団には残れないと塚タク先輩から

240W 4.5倍(W/kg)でギリ、できたら250W 4.7倍(W/kg)で・・・とアドバイス

ショボいんで現状は4.5倍だと10分位しかもたないので、11月に向けて少しづつ伸ばしていかないとです









DSC_0128r.jpg
折角なんで、塚タク先輩、midoさん、カサちゃん、と近くのグライダー発進基地へ

20数%の登坂斜度をアウターで上がってくる mido親分 ←




DSC_0131r_20160731135028d67.jpg


ちょうどパラグライダー2機が飛び立つところを見学できました



本日参加の皆さんお疲れさまでした

椿ヶ鼻ヒルクライム参加のチーム パラボラ メンバーもお疲れさまでした



7月も今日で最後、8月からは気合を入れて頑張るぞ!




フルモガキ

古川さんにゴール前撮ってもらいました
ご本人に承諾を得て写真掲載しています

13322034_1039321986143838_7778911638460850701_n.jpg
photographer: Masaya Furukawa


数メートル前を先行する同じカテゴリーのゼッケン




口から心臓が飛び出しそうになりながら・・・


「行けぇぇぇぇぇぇ!!!!」


と、ココロの中で叫んでおりました(笑






雅也さんありがとうございます

U_49 最後の記念になりました


2016壱岐サイクルフェスティバル #表彰編

表彰式

知人関係を少しばかり

P1000759 (2)r先ずはエリート50km VC Fukuoka・サイクルフリーダムの佐藤さん

コンマ0.1差で2位

調子いい感じに思えたイドシンさんの姿が見れないのがホント残念だった






P1000765 (2)rエキスパート50km女子

ブォンジョルノー 

イタリア帰りな長崎のSAYA店長が1位、流石です!

少し背を低くしたポーズが・・・かわいすぐる (*´v`)





P1000772 (2)rエキスパート(U-39) 30km

壱岐前、練習ご一緒してもらった佐賀の松本さん3位

一緒って言っても速すぎて後姿見たコト無かったケド(爆


グーカワ4位

グーカワはココ数か月でホント強くなった!コレからも応援してるぞガンバレ






P1000778 (2)rエキスパート(U-49) 30km

キム兄1位、midoさん4位、ぐちけんさん6位

いつも一緒に練習させてもらっている同じ年代の活躍は嬉しかった(涙






P1000786 (2)r左からぐちけんさん、キム兄、松本さん





P1000784 (2)rエキスパート(U-59) 30km

愛すべき 塚タク先輩が 名の通った強豪に競り勝って優勝!

流石パラボラの鉄人




月桂冠を被った塚タク先輩の姿みてコイデさん曰く・・・

犬がライオンのかぶりものをつけるアマゾンのCMにクリソツやんってヨコで言ってました ←



6位入賞のA吉さん、おめでとうございます







写真無いケド、レディース 30kmでイノシシのトモちゃんが2位

ロードに乗り始めた頃から知っているけれど・・・

ホント強くなったね、おめでとう!





P1000792 (2)r今年の壱岐も終了

またイチからボチボチがんばろう





以上、レポ終了

文責:風の住処




2016壱岐サイクルフェスティバル #大会編

土曜日

壱岐へ

雨風強し





日曜日

雨は止んだ

7時に朝飯喰って8時に宿出発

出走サインして心拍上げにいつも行く近くの登り1本

風はかなり強い



10時近く50kmカテゴリーが通過

チーム・パラボラはハナダくん先頭G、次いでノグチさん、哲さん、マツダくんと通過

いつもの50kmより風の影響か?集団がバラけている




30kmカテゴリー U_19、U_39、U_49がスタート

スタートしてスグ右斜めにいた ぐちけんさんにトラブル発生したが問題なく回避

この場面が一番ビビった




後方スタートだったので集団前方に徐々に上がって行く

先頭Gに同じチームの ぐちけんさん、midoさん、次男坊くん、グーカワ確認

キム兄の後に付く




スタートから霞翠(かすい)小学校を左折する8km辺りまではほぼ平坦

この区間はAv40km/h前後、心拍も落ち着いて周りもよく見えている

信号先の荒れた細い下りで集団が縦に伸びるので、それに備えてさらに前の方へ上がる




しばらくして最初の倉元建設の登り(距離1km 斜度6%)に先頭Gで入る

イマイチ掛からずズルズル落ちていく(後で確認したら4.5倍(W/kg)しか出ていなかった)

登り切った時には先頭Gは小さくなっていた・・・ハイ終了

先頭Gにいた ぐちけんさんやキム兄のタイムより30秒ほど遅れていた





下りきって土本さんと数名のパックで2番目の猿岩の登りに向かう

猿岩の登り(700m 8%)も4.5倍(W/kg)しか掛からず

登り後半に朝から体調崩していた次男坊君が見えた





猿岩を過ぎてから人数が少しずついなくなった

コンクリ坂手前からは佐賀の仁位さん、チーム・サコッシュの方、次男坊君と4名でいるコトが多くなる

3番目の登りコンクリ坂(400m 8%)ココも4.5倍(W/kg)しか出せていない

登りでサコッシュの方が飛び出しては下りで追いつく感じを数度繰り返す




U_39の次男坊君以外はU_49のゼッケンが3人

仁位さんとサコッシュの方に最後競り勝たないと順位が2つ下がる





海岸線に降りて最後の平坦がかなりの向かい風

サコッシュの方、仁位さんが先行

追っている二人がU_49のゼッケンなのを次男坊君も確認しているらしく・・・ひと言



『僕が引きます!』 



後ついてください・・・ と背中が語る

にじんだ視界から、彼の背中が大きく見えた

いや、ただポッチャリなだけだった ←





大きな風よけで、脚を少し回復させることができた

前に出て、手でお礼の合図・・・

次男坊ブースターを切り離し、そして最後の2段坂(900m 5%)へ挑む










13335731_675522532602077_2954186688053136333_n_1.jpg
photo by ゾノさん   お題:『 次男ブースター(後方)と私 』


1段目は焦らずとシッティングで淡々と踏む、1段目の後半で先ずはサコッシュの方をパス ↑



祥雲寺の鋭角コーナーを曲がって仁位さんは5mほど前を先行

踊り場でさらに差が開き気持切れそうになる



残り100mほど・・・

ゴール前、最後の登りに入る

少しずつ差が詰まってきたので行けるかも!と、ヨダレ垂らしながらフルモガキ←心拍192 bpm



13322034_1039321986143838_7778911638460850701_nr.jpg
photographer: Masaya Furukawa





差し切れないかと思ったが、ゴールは半車輪ほど前に出れた・・・




20代の次男坊くんと同じ出走時間で走れるのは今回で最後

今日は2週間早い父の日だった・・・ありがとう



しかし、最後のゴール前も 4.5倍(W/kg)だったな・・・orz







ストラバを見る

U_49 優勝者のキム兄、登りはたぶん体重6倍(W/kg)のワットで踏んでいる

コンクリ坂は7倍あたりだと思う

U_59 優勝者の塚タク先輩は4本とも 5.5倍な感じかなぁ・・・

来年に向けて、先ずは苦手な3分5倍高強度を引き続き練習しないと話になりませんな ←イマココ








次回 『2016壱岐サイクルフェスティバル #表彰編』へ続く・・・ハズ

2015活動報告

自称、底辺の市民レーサー

2015年のレース活動を記録がてら振り返りたいと・・・



今年も昨年同様、6月の「壱岐」と11月の「おきなわ」の2本を目標にして後は調整でちょこちょこ出ました




3月 HSR九州サイクルロードレース
P1000197 (2)r


P1000204 (2)r
チャレンジ 3位 

今年初レース、一番低い位置でしたが台に登らせてもらえました

今は同じ水玉チームジャージ着ているmidoさんが1位

一緒に台に乗った子供たちにとって自慢のお父さんなんだろうな、きっと!・・・我が家と違って・・・くぅー(涙でるぜ

感謝






4月 オール九州3時間耐久ロードレースINオートポリス2015 第1戦
11150524_751639738285498_2092372186479303841_nr.jpg


11203066_751640664952072_1036567597674706416_nr.jpg
総合102位 部門93位 トップ集団から5周遅れのLaps35

レース前からモチベーション低く、気合入ってなく早々に先頭集団から切れました
2015 オートポリス3時間耐久
2015 オートポリス3時間耐久・・・写真#1
2015 オートポリス3時間耐久・・・写真#2





6月 壱岐サイクルフェスティバル 
DSC_0120rr.jpg
エキスパート(U-49) 30km 9位

短時間高強度な登りは去年よりだいぶマシにはなってきましたが、それでもダメダメで・・・ぐちけんさんの背中は見えず
2015壱岐サイクルフェスティバル #前日編 
2015壱岐サイクルフェスティバル #レース編
2015壱岐サイクルフェスティバル #表彰編






9月 英彦山サイクルタイムトライアル大会
12071888_728605717284340_723812610_1nrr.jpg


12033494_728605720617673_715398687_nrr.jpg


DSC_0405rr.jpg
↑自分が撮ったショットだけど・・・

皆の笑顔が苦痛から解放された瞬間かな・・・一人除いて(謎   

今年好きな写真の1枚です



Cクラス(45-59歳) 52位 タイム50:42

登り苦手なので目標は50分切、途中までいい感じだったけれど最後大タレで50分切れず(汗 
2015 英彦山TT






11月 ツール・ド・おきなわ 
DSC_0551 (2)rr


DSC_0580_1r2.jpg
市民レース100km オーバー40 DNF

締めのレースでしたが痛恨の足きり、何とも情けない結果で今期のレース終了
2015 okinawa report
2015 おきなわ旅日記










来年も同じような行動を予定


この一年チームの仲間と練習でき、レースに出れたことを感謝したい

まだまだ彼らと同じ景色は見れないけれど、いつか向こう側の景色を一緒に見たい

そのために苦しい練習をしているんだ・・・と思う



地味な作業の積み重ね



年齢は関係ないかな・・・まだまだ行くよ

2015 okinawa report

ツールドおきなわ行ってきました

チーム・パラボラのエントリーは市民レース140kmに塚タク先輩、

100kmに哲さん、ぐちけんさん、ぐっちさん、フカホリさん、カトウくんの7名

珍道中な記事は後日にして、先ずは「市民レース100kmオーバー40」のレースレポートを・・・




11月8日(日)晴れ

4時起床、5時からホテルのレストランで朝飯

6時過ぎにホテル裏の自転車輸送の大型トラックへ自転車積込んで、選手輸送用のバスへ乗り込む・・・



しばらく揺られて100kmスタート地点は沖縄北東部の奥へ(奥は地名)

ココは市民レース100kmアンダー39 とオーバー40、女子国際100kmの3つのカテゴリーのスタート地点


11月なのに朝から思った以上に暑い・・・かなり暑い

南東の風が少しある・・・海岸線はアゲインストになりそうだ




・・・軽くアップ

予想スタート時刻は10時・・・かなりの待ち時間がある

コルナゴ部長とはココやんばるの森の奥で再会・・・しばし話す


部長とはいつからだろうか?ありがたいことに定期的に刺激を戴いている

一番最初にツールドおきなわに最初に誘ってくれたのもコルナゴ部長だ・・・まだチーム・パラボラに入る前

ゴールの名護で再会した時、反省会しようと言われた・・・もちろん部長のお都合で はせ参じますよ!


春先のオートポリスで終盤ご一緒したサカイノさんにも挨拶






BSのフジタさん、シミズミヤタカさんと一緒に写真撮ってもらう

DSC_0560_1r2.jpg
フジタさんミヤタカさんと3人で写真撮ろうと思っていたのに・・・ちっ、ぐちけんジャマだな(嘘)


ミヤタカさんが実は自分と上背が変わらないコトをぐちけんさんに言われた・・・

カラダ小さくてもやれるんだな・・・でも、それ以前にご本人の相当な努力があるのだろうケド・・・






100kmのスタートはコース設定上210km、140kmのカテゴリーが通過してからU_39→ O_40→女子国際の順でスタート

公道封鎖のロードレースなので、交通規制時間が決められており要所要所に足切ポイントがある

足切り時間は決まっているので、210km 140kmの通過待ちでスタートする100kmは

・・・スタート時間が遅れれば遅れるほど時間的にかなり不利になる



レース全体がすこし遅れているようだ・・・210kmと140kmは100のスタート地点を2回通過する

210km、140kmが通過し、2回目の210が通過したのち100kmのスタートだったと思うが・・・

今年は140kmの2回目の通過を待ってのスタートとなるようだ



10時20分ようやくフカホリさんカトウくんの100km U_39のスタート

O_40は10分後の10時30分スタートらしい・・・予定より30分遅れ


最終CP(足切)の100km地点川上の交差点のタイムアウトが13時50分、

10時30分スタートだと時間的猶予は3時間20分

自分の昨年の最終CP通過時間がたしか3時間24分あたりなので・・・かなりシビアな時間だ



10:30 O_40スタート 

哲さん、ぐちけんさん、ぐっちさんと・・・

すぐに4kmの登りに入る、去年よりペーサーの入りはゆっくり

ペースで淡々と登る

奥の登り通過時間はTOPから約1分遅れで通過

ある程度の人数のパックで約10kmの海岸線へ

向かい風なので引きたがらないのか先頭の数名が回す感じ・・・




TPO集団から約2分遅れで58号線から普久川ダムの約7kmの登りへ入る

ココもペースで淡々と登る




普久川を下りきったトコで見慣れたジャージが・・・えっ、ぐっちさん?

自転車から降りている

カラダは大丈夫そうに見えたのでメカトラブルか?



後で聞いたら・・・TOP集団にいた ぐちけんさん とぐっち氏、接触落車があって二人が落車

ぐちけんさんはジャージが破れ擦過傷があるものリスタート出来たとのコト




話戻り・・・

次の約7kmな登り学校坂も淡々と・・・

この辺りでAP3耐、壱岐のレースとか去年のおきなわでもいつも着順が一緒な長崎のトミさんと挨拶




学校坂の超えると、下り基調のUPダウンが約20km続く・・・

自分と同じゼッケン40番台の方がパックをまとめようとする・・・ココの集団でギリギリ最終関門通過だ!!・・・と

自分も同意・・・たぶんギリだろう

その方から、去年と比べてペースはどんな?と聞かれたので・・・(感覚的に)少し遅いかもしれないと答えた




アップダウンの下りで思った以上に脚を使ったかもしれない

アップダウンが終わると一度海岸線にでて70km地点の慶佐次の2段坂に入る・・・




慶佐次の登りに入った途端バキバキバキィィィと左脚の大腿四頭筋がイッキに固まった

左脚が急激にブレーキ、今まで味わったことのない攣り方だった




伏線はあった・・・

前日の試走で普久川ダムの途中まで登ったのだけど・・・

一度も痛めたことない左足くび前上方の部分(調べたら遠位脛腓結合というトコ)が急に痛み出した

踏むのを止めてしばらくしたら痛みは引いたけど、レース当日は左腰が痛くてたまらなかった


左腰の痛みは普久川ダム辺りから出てきたのだけれど最後まで痛みは引くこと無かった

たぶん知らず知らず腰をかばいながら走っていたと思う・・・

結果、左脚に無理がきていたのかもしれない




止まりはしなかったけどスローダウン・・・小さくなっていく集団を見送った






・・・自分の「おきなわ」はココで終了した









一度完璧に攣ったら普段は攣った時にも回復する塩を入れてもなおらず、他アミノ系も利かない

騙しダマしいくも・・・左ハムも言うこと聞かなくなってきた

残り30km強、そこからはツラい一人旅




90km過ぎて羽地ダムの登りに入る・・・トンネル過ぎて右折

見知らぬ土地で自分の名前を叫ぶ声が聞こえる?・・・チーム・かぼぱんず 佐賀のマユちゃんだった

去年もこの付近で声をかけてもらった、力が湧いたと同時に涙腺も少し緩んだ

時間を再確認・・・最終関門はひょっとしたら間に合うかもしれない?




最後の登りに入って下る手前の97km地点

最終関門まであと3kmあたりで後方からパトカーが通過・・・

拡声器からは無情にも交通規制解除のアナウンスが聞こえた

ダメかもしれないという思いと、ほんの一握りの希望をもって、58号線と交差する川上交差点の最終足切地点へ向かう




川上交差点のCPは、奥のスタートから100km地点・・・

市民レース100kmと言う名称なんだけど実際の総距離は107kmだったりします





・・・話戻って

最後の登りを越え、下りきって左折

数百メートル先に川上交差点・・・が見えた







・・・と同時に左右に動く大きな赤旗も見えた







タイムアウトだ






ココで自転車から一旦降ろされる

何なんだろう・・・なんの感情もわかない

ただ淡々と計測チップを外す



サイクルプラスのヒラマツさんから、完走はしたかったですねと声をかけられる

最終足切ポイント到着時間は、タイムアウトから数分後だったと思う

たぶんペース的には・・・去年と同等か、途中千切れはしたが少し速かった感じだった



Number of Starter= 337
Number of Finisher= 82
Did Not Finish= 255

完走率・・・24%

O_40の次のスタート女子国際100の完走者は・・・9名だったらしい

暑さやら時間やら、いろんな意味で今年は過酷だった






普段通りな車が通り過ぎる交通規制解除な道を

魂の抜けたようなカラダで、名護のゴール(跡地)地点へ向かう・・・











ツールドおきなわが終了した










レース結果

市民レース140km 
41位 塚タク先輩


市民レース100km U_39 
5位 カトウくん
59位 フカホリさん


市民レース100km O_40
23位 哲さん
33位 ぐちけんさん
DNF  ぐっちさん
DNF 当ブログ管理者



DSC_0580_1r2.jpg
自分の力以上の結果はおきないから、ただ単に練習が足りなかったということ・・・それだけ

あと登れないと話にならんなぁ

苦痛の習慣化をイチからまた頑張ろうか・・・



以上、レポ終了

文責:風の住処

2015 英彦山TT

英彦山TT2年ぶり2回目参加してきました

結果は情けない感じですな

2年前のリザルトは 52分43秒

登り苦手な自分は、最低でも目標50分切だったんですが・・・2015の結果は50分42秒・・・つまらんすなー(涙



まぁしゃないですココが今の実力かと(汗

やはりココ1ヶ月、きつい練習から平日は逃げていた結果がコレなんで・・・

なんでも、やったしこ(だけ)・・・それ以上に本番は出ないもんです




さてさて・・・回想録

当日の目覚まし設定4時・・・ですが3時50分起床

一週間ぶりに米粒喰ったせいか?昨晩からお腹の調子がイマイチ・・・

朝食は前日奥さまに作ってもらった 梅おにぎり&味噌汁と カステラ1斤と コーヒー

 

それから5時半に師弟関係の ぐちけん師匠宅へお迎えに・・・弟子はツライよ!(ウソ

添田町までは江川ダム経由で・・・


江川ダムの手前、自走のチーム・パラボラ ぐっち氏と遭遇・・・

すれ違いざまの ぐちけん氏:「ぐっちー乗せていこうか~?」 

俺ココロの声:「いやいや俺の車なんスケド(汗・・・ていうか物理的に乗せれんすョ(謎」



ぐちけんさん、いつものコトなんすケド、まぁてきとうなコト言って・・・

当然ながら、ぐっち氏置き去り   おい、おーい!(笑




そんなこんなで、添田町到着(汗

同じ駐車エリアにS澤さん、midoさん、哲さん・・・かな?



受付して軽くアップ

DSC_0403rr.jpg

開会式終わって...

スタート地点で 茶のこジャージのコルナゴ部長、 イノシシジャージのA吉さん、ペンギンジャージのワッキーさんと 談笑



Cクラス後半組でスタート、自分的には問題なく戸立峠は遅いながらも試走 -1分 

戸立からの下り&平坦はなかなかパックが組めず・・・単独


ただ後半に、キム兄から教わった呼吸法を思い出し ← いまごろかよ!

登り始まる残り3.5kmまでは比較的楽に行けました(笑


これまたキム兄から教えてもらっった10km地点だけどタイム的には真ん中な地点では、

50分切れそうな感じだったんですが・・・最後タレましたね(涙


キム兄・・・ごめんね、ごめんねぇ~(やや古)




DSC_0405rr.jpg

チーム・パラボラ お疲れさま

みんないい笑顔ですね・・・あれ?エ○哲さんいないョ・・・ナンパ中かな(違






12033494_728605720617673_715398687_nrr.jpg



12071888_728605717284340_723812610_1nrr.jpg

こうちゃん、写真ありがとね!(涙


平均パワー: 198 W
最大パワー: 499 W
最大平均パワー(20 分): 202 W
左/右バランス: 46/54 %
左/右トルク効率: 85/92 %
左/右ペダルスムーズネス: 26/31 %
標準化パワー (NP): 206 W
強度係数 (IF): 0.954
トレーニングストレススコア (TSS): 76.6
FTP設定: 216 W
ワーク: 607 kJ

2015 英彦山TT 速報編

とりあえず、身内的な英彦山速報・・・




昨年年代別1位のハナダくんは残念ながら4位

高強度な練習量が足りなかったのかな?




DSC_0418rr.jpg

Cクラス6位 S澤さん 8月からかなり登り乗り込んでいましたよね・・・

やはり練習は裏切らないです


FB等いろいろなコメントはエ○いですが・・・流石です(笑

それにしてもカッコイイ・ベストです!(謎






12028967_746864975459968_1661302596_n (2)rr

キム兄・・・ありがとうございます

ただ、ヨダレ垂らしながら走っている時は・・・じぇんじぇん気づきませんでしたー(滝汗



詳細はまたすぐに・・・





entry

ツール・ド・おきなわ・・・エントリー無事完了しました

これから3ヶ月かけてボチボチ調子上げていかないといけませんねぇ...



最終的なチーム・パラボラ・イワイ関係は、哲さん、ぐちけんさん、タカイさん、ぐっち氏、fkhrさん、と私の6名が集団行動

哲アニキに・・・速攻で飛行機&宿&レンタカー押さえてもらいました(ペコリ


塚タク先輩は奥さまとラブラブで行動?、モリゾノ先生は昨年同様金曜日入りかな?












そういえばmidoさんの今朝のお写真をば拝借

midoさんへ・・・お写真を拝借して今後の為に、軽く相関図を書いておきました(違


夢先案内人

poster2015rr.jpg



市民レーサーの甲子園

「 ツール・ド・おきなわ 」の申し込み開始日が、いよいよ今週末に迫ってきました(汗


国際ロードレースはチャンピオン210km、ジュニア国際ロード140km、女子国際ロード100km

市民レースは210km、140km、100km、50km


チーム パラボラ イワイ関係では、昨年210km完走の塚タク先輩、ぐっち氏が今年は100kmへ移行

あと100kmで今のトコ確定なのが、哲さん、タカイさん、ぐちけんさん、モリゾノ先生...と私かな?

私以外は・・・皆上位も狙える実力者なので結果楽しみです


脚質からいうと、ホントは50kmの平坦高強度が自分には合っているのかと思いますが・・・

年に一度のお祭りなんで3時間半モガキ苦しんできます(謎







都合が合えばパラボラメンもまだまだ参加増えるかな?

人生一度きり、ココは後先考えず・・・とりあえずエイヤーで申し込みましょう!(笑








DSC_0021_1r2_20150729190319e45r2.jpg

今年もゴール後はおきなわ練で苦しんだ仲間達と・・・

美酒と笑顔で沖縄の幕を閉じたいですね!


2015壱岐サイクルフェスティバル #表彰編

表彰式の模様を少しばかり・・・知人限定で(汗





DSC_0087 (2)rr
30kmレディース 3位 まみ ちゃん 

出走前出たくない出たくないと・・・散々ともちゃんにゴネていたのは秘密にしておきますね(笑

でも、よく頑張りましたね、おめでとうございます!(涙





DSC_0103 (2)rr
U-49 4位 イワイ福岡組、クラブ・パラボラのタグチさん おめでとうございます! 酒もメチャ強いが(笑)、相変らずの堅実な走りで強いなぁ





DSC_0109 (2)rr

U-19 1位 北野朝練仲間のナカモリくん

秀才で礼儀正しい福岡の某S南高校三年生・・・この子はホント良い子ですョ ←昨年1位の とらた○う とエライ違いだョ(爆 

一位おめでとう VC-Fukuokaにお世話になるのかな・・・佐藤さん、VCのみなさん、よろしくお願いします <(_ _)>

ちなみに彼のお母さんと・・・私タメ年です(汗





DSC_0113 (2)rr

50km 1位 コチラも北野朝練仲間のリーくん・・・ ツールドおきなわ招待ですね、おめでとうございます





DSC_0117 (2)rr

50kmエリート 5位 VC-Fukuoka イドシンさん、 おめでとうございます 

ただ御本人は結果満足してないようですが(汗 

先のツールド・熊野入賞から、ようやくエンジンかかってきましたかね・・・次、期待しています! 








そんなこんなで、壱岐終わりました

大会までの日々の練習、前日の緊張感、ロードレースに湧き出すアドレナリン、レース後の何とも言えぬ解放感・・・

おかげさまで、今年も無事に壱岐を楽しめました

ご一緒した皆さん ありがとうございました <(_ _)>




以上で、レポ終了

文責:風の住処

2015壱岐サイクルフェスティバル #レース編

レース当日、50km一般組の哲さんとハナダ君は5時過ぎ宿を出発

50kmエリート組と30km組は6時30分からノンビリ朝めし喰って、8時ごろ次男坊君と宿を出発・・・


DSC_0082 (2)rr

出走リストにサインして、ぐちけんさん、コガさん、次男坊君、ナカモリくん、と

・・・あと偶然お会いした知り合いのニシトミさんとアップへ


ニシトミさん元某ト○タ実業団中距離選手な経歴のお方で、息子さんは現役のU誠高校自転車部

10年近い知り合いですが自転車は今回初めてご一緒しました(笑

アップは近くの登りサクッと1本、心拍上げて終了







ジャージの上着を忘れたのかな?・・・(汗



ジャージの上着を忘れたのかな?・・・(汗



ジャージの上着を忘れたのかな?・・・(汗


DSC_0083 (2)rr

Tシャツ姿なフカホリさん登場です(ナゾ   














壱岐文化ホール前をスタートした50kmの先頭集団が、30kmスタート地点を通過!!

先頭グループでハナダくん通過



第2グループに哲さんと・・・

えぇぇぇ~ ビリビリにジャージ破けた  ぐっちさん がぁぁぁ~通過ちまちた(滝汗
※エンド曲がってリア変速不能なんで、フロント変速だけで 50km1時間26分台で走り切った男 ←すごいよ! ぐっちさん



それからO友さん、ナカムラさんも通過・・・



最後尾スタートのコイデさんも 爆上げで通過 していきました ←最終的に200人ほど抜いてきた模様(笑





50km通過でいよいよ30kmコースのスタート

最初の平坦はペースが去年より速かった

先頭付近にぐちけんさん・・・次男坊くん、フカホリさんが上がって行くのが見える

スルスルと早めに先頭集団前方付近に上がっていけたが、今回ペース速かったので先頭まで上がるかどうか迷った

先頭少し下辺りで少し抑え気味で走ったが、登りに弱い自分はココは次男坊くんの様に前に行くべきだったと反省

スタートして10キロ近く、少し上がって信号から先の細いガタガタ道の下りで集団が伸び最初の登りへ

去年はココで先頭集団から切れたなぁ~と思いつつなんとか集団後方でパス←たぶん

去年よりは登坂スピードも落ちずにかなり登れている感じ、まぁ去年が酷過ぎたのもありますが(笑



ただ2本目の登りが始まる前には先頭集団から切れていたかな?

正屋チーム チーム「思いつき」のチカさんに『 切れますよ、前追いかけましょう 』 と、カツ入れてもらって、気持だけは切れずに・・・

コンクリ坂過ぎて最終登り前の緩斜面区間で少しタレるもココでも再度チカさんにカツ入れてもらい前方の10数名程度のパックを追走

パックに牽制が入っていたので追いつき、ゼッケンのカラー見回すと自分と同じクラスは1人だけで、あとはU-19の学生組とU-39(チカさんもU-39)の選手のみ


とりあえず同じ色のゼッケンの方マークで、最後に差せば順位ひとつ上がるなと思いつつも・・・そのあとの記憶が曖昧

最後の登りスプリント 2段坂の最初は周り見ながら踏まずにペースであがって、最後は踏んで踏んでモガイテモガイテで終了

マークしていた方は最後なんとか辛うじて差せたみたいです(汗・・・
後でキム兄から、あの方は去年のU-49 1位の人ですョと教えてもらった・・・スンマソン(滝汗




賓脚なりに出し切りました・・・今年の壱岐!!





長くなったので、表彰編へつづく

2015壱岐サイクルフェスティバル #前日編 

壱岐島の公道を封鎖して行われるレース『 壱岐サイクルフェスティバル 』に今年も行ってきました。

梅雨に入りグズついたお天気でしたが、週末の二日間は奇跡的に晴れてよかったです


7時30分集合で久留米組はイワイスタッフのコイデさんとハナダくん、O友さん、ぐっちさん、次男坊くん、と私の6名で出発

博多埠頭で福岡組の10名と合流・・・








DSC_0063 (2)rr

今回車がフェリーに載せれなかったので(車はハナダくんが午後の便で)、みな自転車は手荷物扱いで乗船







DSC_0070 (2)rr

2時間弱の船旅後、船着き場で宿の車で荷物運んでもらい50km試走組と別れて自転車で受付会場へ




受付後、途中の登りで3回ほど心拍上げながら・・・30kmコース スタート地点のダイエーへ


ぐちけんさん、コガさん、次男坊くんと4人でスタートから10km先の1本目の登りまで・・・試走

コース全部回るより無駄に踏まなくてコノくらいがちょうどいいなぁ


スタート地点へ戻ってきた後・・・別宿のぐちけんさんとコガさんと別れ、4時ごろ次男坊くんとイワイ常宿の勝丸さんへ


DSC_0075 (2)rr

明日の準備して、一番風呂いただいて、哲さんとココチいい風に吹かれながら外のベンチで缶ビールぐびぐび・・・幸せ(笑





DSC_0078 (2)rr



DSC_0080 (2)rr

6時半から晩飯は、新鮮うまうまの魚介類・・・大盛りでした  (●´艸`)うまを


つづく
HOMENEXT →
広告:まとめ