プロフィール

風の住処

Author:風の住処
□■ 風のすみかへようこそ。

□■ 日々のたわいもないスナップ写真と、ときどき自転車のブログです。
 
□■ リンクフリーです。連絡不要です、ご自由にどうぞ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

風 の 住処

日々のたわいもないスナップ写真と、ときどき自転車のブログです。

トルク換算式

メイン自転車(マドン7)のパワーメーターはペダルタイプのガーミンベクターを2年近く使っています

11月の湯布院合宿前・・・ショップで取付てもらってから初めてペダルを外す

ペダルをサブ機(マドン4)へ一旦移行して取付


その時感じたのが、今までの感覚よりパワーが高く表示される?

ホントなら嬉しいが、そんな急にパワーは上がるはずもないのでおかしいと思うもそのままに

また再度メイン機(マドン7)にペダル戻すも同じくパワーが高く表示される感じ

体感パワー < 表示パワー・・・と言ったトコだろうか(汗



ガーミンベクターのペダル締め付けはトルク指定あり

トルクの規定値は34Nm〜40Nm 左右同トルクで締めよとトリセツに書いてある

KTC のクローフットタイプペダルレンチ(CP1-15) + 無名デジタルトルクレンチを使って左右 35Nmで締めている

サイト検索しても似たような仕様で35Nm付近で締めている人がほとんど(汗

んーなんかモヤモヤ



北野朝練でも昨日の土手練でも20分あたりの最大平均パワーが以前に比べ高く出ている

TSS(トレーニンク・ストレス・スコア)も感覚以上に数値が高い(謎


走っていて一番よくわかるのがファンライドの引率時のワット数

ゆっくりペースの班を引く場合、終始100w辺りを基準に100~150Wで走っているが・・・

地脚100Wの感覚が120Wあたりで表示される・・・んんーおかしい(汗




使っているクローフットタイプ・ペダルレンチ(CP1-15)が気になったのでKTCのHPで詳細情報を確認すると・・・

トルク値は支点から力点の距離と力点に加える力で決まります。クローフットタイプのレンチを使用すると本来トルクレンチに設定されている支点から力点の距離が変化するために、正確なトルクの測定が行えません。測定前に必要なトルク値からトルクレンチにかける力の値を求め、作業に取り掛かってください。

と書いてあった(滝汗




つまりのトコ ↓クローフットタイプのレンチだと本来の支点から力点の距離が変化するトコが問題らしい




DSCF6019_1 (2)rr

トルク換算式: A / (A + B)×必要なトルク値=入力トルク値

・・・だそうだ

まじすか? 生憎文系出なもんで(笑



35Nmで締めていたとなると実際のトコロは40Nm以上のトルクで締めていると同じになる

規定値(34Nm〜40Nm)を軽く超えている・・・思いっきりオーバートルクだよ(涙



計算してとりあえず27Nm目標に締めてみた(以前は35Nm)

今日はリカバリーなんで、3本ローラーで少ししか乗ってないけど

・・・たぶん元の感覚に戻ったように思うがどうだろうか


SST(スイート・スポット・トレーニング)やインターバル練するとわかると思うが・・・しばらく様子を見てみよう


コメント

from ヒラタ
正常に戻ったかインターバル練して確かめないとですね!
コタツ→みかんコタツ→みかんの5セットのコタツ練なんてメニューはどうでしょ?!

ヒラタ さま

from 風の住処
仰っている意味が・・・ドM過ぎてワカリマセン(爆

from 次男ブー
平田さんが素晴らしいメニューを考案されてますね!
僕ならハーゲンダッツ→こたつ→ハーゲンダッツの5本1セットにしますかね(爆)

from mido
デジタルトルクレンチとはっ!
いいの持ってますね〜。
ペダルの付け替えもトルク管理が必要とは大変ですね〜。
勉強になりました(^o^)

次男ブー さま

from 風の住処
んーコチラも何言っているのかワカリマセン(笑

mido さま

from 風の住処
普段はアナログなトルクレンチ使っているんですケド、ペダル脱着の為だけにデジタル(安物)買いました(汗

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kazenosumika.blog14.fc2.com/tb.php/1472-91a51c80

HOME
広告:まとめ