プロフィール

風の住処

Author:風の住処
□■ 風のすみかへようこそ。

□■ 日々のたわいもないスナップ写真と、ときどき自転車のブログです。
 
□■ リンクフリーです。連絡不要です、ご自由にどうぞ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

風 の 住処

日々のたわいもないスナップ写真と、ときどき自転車のブログです。

Aso journey

所用で南阿蘇泊まりだったので、翌日阿蘇を自転車散策してきました。

南阿蘇から吉田線で南側から中岳まで登ろうと思っていましたが、当日は野焼きで吉田線が通れないようなので

阿蘇駅側(北側)に移動して坊中線から登ることに。

DSCF2039 (2)r
最近には珍しく霞が少ないです。


DSCF2061 (2)r
外輪山から火の手が上がっている。


DSCF2050 (2)r
狩尾峠付近も9時から野焼きが入るとコルナゴ部長から聞いていたので、煙の上がっている所がラピュタ方面だろう。













DSCF2066 (2)r
今日は天気が良くてよかった。

標高1000mを軽く超えますが小春日和でした。


DSCF2073 (2)r
草千里から中岳火口方面



DSCF2079 (2)r
火口











この後 赤水線で下り、赤水から内牧温泉方面へ。

ラピュタの登り口近くに差し掛かると、黒いすすが雪のように舞い降りてきた。

野焼きは午前中で終了と聞いていたが、11時過ぎ多少不安を持ちつつ登る。


DSCF2094 (2)r



DSCF2098 (2)r
途中、途中バチバチバチとまだ燃えているところもあり。


DSCF2109 (2)r



DSCF2116 (2)r
振り返ると・・・下から戦車でも上がって来そうな光景だ。

それと山影から軍用ヘリの大群が、いまにも現れそうな感じだ・・・・・ワルキューレが聞こえてくる。




野焼きも終焉とはいえ、バリバリと燃え盛る音、焦げた匂い、頬に伝わる熱気、舞っているすすの影響か口の中も炭の味がする。

そして何とも言いようがない異次元の景色と、ラピュタの登りを五感で堪能できた。



DSCF2127 (2)r
しばらくすると芽吹き、やがて青々としたラピュタが再生されるのだろう。





DSCF2020 (2)r
ちなみに野焼き前のラピュタ(前週)






阿蘇スカイラインに出て大観峰方面へ。


DSCF2132 (2)r
途中にあるココで


DSCF2129 (2)r
コレを頂きました・・・うまお (●´艸`)










DSCF2133 (2)r
大観峰を横目に通過し、しばしミルクロードを堪能して象ケ鼻方面へ右折。


DSCF2148 (2)r

阿蘇五岳を目に焼き付けて今回の旅もボチボチ終了。

今回のコース、距離は70kmちょいと短めでしたが、阿蘇を十分堪能できました。



この後、温泉浸かって道の駅で買い物して帰りました。

コメント

トレース失敗しました

from murajun
お久しぶりです。イワイの唐津行きでご一緒した者です。美しい写真に敬服しつつ楽しみに読ませていただいています。このコースに触発されて、翌日曜日(本日ですが)に阿蘇デビューとして例の鉄自転車で同コースをトレースしようと頑張りました。天候はマズマズで夕方少々横風に振られましたが十分に楽しめました。ただ、最後の天国の階段の別れ道が判らずにやまなみハイウエイに出て引き返し、東側の国造神社の道で降りてしまいました。下りてからの小嵐山橋からの一本道は不思議と正解でしたが(笑)
しかし、火口までの料金所を過ぎて最後の数百メートルは時速5kmと、53歳には少々厳しかったです(泣)
また、ラピュタを見るポイントが判らず、登り切って振り返るとラピュタは行方不明でした(笑)

murajun さま

from 風の住処
こんにちは、ご無沙汰しております。
阿蘇を堪能されたようでなによりです。
天国の階段の別れ道はナントカ牧場?の看板から入るのですが「えっ、ココ?」てな感じで解りづらいと思います。
(以前小嵐山の方から登った事あるのでなんとなく覚えていたので行けました。)
大観峰よりココから見る五岳の涅槃増の方が幻想的な感じがします・・・あくまで個人的にですが。
あと火口までの数百メートルは斜度が15~16%あります。車に乗っている方から応援してもらえる斜度です(笑
ラピュタ解りませんでしたか、ん~それは残念です。
突き当たりのミルクロードからだと300m程下ったトコで、突き出たような地形が空に浮いているように見えます。
なので『天空の峠ラピュタ』と呼ばれているようです。
次回お寄りの際は是非に。

コルナゴ部長と言う方のブログに阿蘇の素晴しさは沢山紹介されてあります。
写真も沢山あり、次の旅のプランの参考になると思いますよ。
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/ (コルナゴ部長の阿蘇天空の旅)

from レオレオ
お疲れさまでした!
天気のいい阿蘇はサイコーですね!
私も行きたくなりました・・・ひょっこり行こう!!!

レオレオ さま

from 風の住処
阿蘇はイイです!
気候的にコレからもっと走りやすくなるんでしょうねぇ

当日は霞みも少なく視界も良かったです。
久々気持ちいいサイクリングでした。
ただ距離がちょい短めで強度的に少し物足りませんでしたので、
もう一山絡ませればよかったなぁ。。。と思いました。

いいな

from 上野
いつも、阿蘇に行かれてますね。ラピュタは通れるのですね。この前はまだ、通れませんでした。

上野 さま

from 風の住処
阿蘇はたまたまですョ。
行こうと思えば自走で行けれる距離に、遠方の方からは恨みを買いそうですが(笑


さて、ラピュタですが・・・。
ミルクロードからは車は入れないように全面通行止めのバリケードをしてあります。
麓からの道もそのような看板もあったような・・・気もします。

基本農道なので、このような情報の発信は地元の方には好ましくないのかなと、実は記事をUPしたあと感じております。
地元の方にとってはデリケートな部分でもあると感じとられるので、、、
今さら何なんですが、『ん~ひょっとしたら登れるのかなぁ。。。』という独り言にしておいてください  <(_ _)>


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kazenosumika.blog14.fc2.com/tb.php/840-e28b4377

HOME
広告:まとめ