プロフィール

風の住処

Author:風の住処
□■ 風のすみかへようこそ。

□■ 日々のたわいもないスナップ写真と、ときどき自転車のブログです。
 
□■ リンクフリーです。連絡不要です、ご自由にどうぞ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

風 の 住処

日々のたわいもないスナップ写真と、ときどき自転車のブログです。

zero sum

日曜日、阿蘇に行く予定なのだが、朝4時過ぎ雨音でイヤな目覚め。

ネットで予報を・・・雨はしょうが無いにしても、風がかなり強い感じ。

PC画面にかぶりを振って、コルナゴ部長にメール。


そして、ふて寝(二度寝)


それから一日中空を見上げては、行けば良かったかな。と思いつつ、

自転車 車に積んだままローラーもせず、一日惰眠と読書。


IMGP8371 (2)r
まだ半分しか読んでいませんが、どことなくフィクション的な感じで読み進んでいます。



歴史的商業主義化としたロサンゼルスオリンピック以降、スポーツイベントもショービジネス化となり、

TVショーでは「刺激」と「興奮」を盛り込まないと「悪」な流れに・・・。

華々しい光のみが存在し始めると同時に、必然的に生まれ決して表に出てきてはいけないダーク(影)な部分を黙殺しつつ

光の部分に一喜一憂するマスコミも賞味期限は短く、台風一過のように何事もなくあっという間に過去のものとされる。



スポーツ界にとどまらず、今ある生活の中でも身近に生じている感じがする。

利便性と快適性を追求する余り、安全性と安定性をないがしろにしている事が往々にある。

生活は利便性を追求している反面、モラルや人間関係、表に出ることのない労働環境は反比例して劣化しているように。

危険と背中合わせに進んでいる事を感じつつ、あえてダークな部分に目線を反らしている。




ゼロサム的な考え方だけど、どこかで太陽が上がればどこかで太陽は沈むのだよねぇ。。。

生活は豊かにはなっているけれど・・・心は貧しくなっているよね。




ん~ 文面なにか支離滅裂 <(_ _)>

コメント

from roman@
あれ?老人並みに早起きして
阿蘇まで行ってきたのかと思ってました。(^^ゞ

from 上野
日曜日は、残念でしたね。シライシも3人ぐらいは行った見たいです。
今度、ハリーズの走行会に来てください。

roman さま

from 風の住処
あ~んね、リコメするのがメンドくさかですばい。

上野 さま

from 風の住処
箱石辺りで数名戻られたみたいです。
ん~ショップ走行会は、ちとマズかでしょうなぁ~(汗

ハリーズと言えば、先日の阿蘇望錬での帰り道、1時過ぎ頃の うきは市で合瀬耳納峠側から一人で降りてこられるハリーズジャージの女性ローディーとすれ違いましたョ。
上陽・星野村経由か、耳納連山経由か判りませんが、女性お一人ですごいなぁと感心しました。

from 上野
お疲れ様です。その女性は吉井なんで、自分たちと星野で別れました。彼女は凄いです。

上野 さま

from 風の住処
あら、吉井の方なんですね、そりゃスゴイなぁ。。。

通り過ぎに挨拶させていただきましたが、感じのいい方でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kazenosumika.blog14.fc2.com/tb.php/915-bcc5db53

HOME
広告:まとめ